風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての・・・

セイクリッドセブン ドラマ・キャラクターCDⅠ/
Fragment of S7 丹童子アルマ×藍羽ルリ

予想した内容とは異なっていたけど面白かった。
面白かったという感想になるとは思いもよらず。

えーと、コメディ?ギャグ?
どのカテゴリに入るのか分からんけども。

ルリの「はじめて」に
ひたすら振り回されるアルマが可愛い。
ルリのボケにつっこみまくるアルマの図。
ルリに必ずひっついてる鬼瓦も相変わらずいい味で。
形としてはコードギアスのサウンドエピソードに似てるかな。
それよりも全体的にまとまりがある感じ。

キャラソンは・・・、
あれ、キャラソンじゃないな。
設定がはじめてのカラオケだし
あくまでもカラオケで人の歌を歌ったって感じ。
まあ、二人とも歌は安定してるのでこれも面白く聴ける。

このシリーズ、ずっとこのテイストでいくなら
他のもちょっと聴いてみたい。

設定もキャラ絵も音楽もかなり好みだったのだが
アニメは語る間もなく今週で最終回。
あっけないなぁ。
もうちっと長かったら思い入れも増しただろうに。
きれいにまとまってくれれば不満はないけど二期とかあるのかしら。

OP/ED(途中で入れ替わるという初の?試み)は初っ端からかなり好き。
特に初期のOPは歌もアニメーションもすごく好みで
BDに収録されるノンテロップが超楽しみ。

stone coldの歌詞は端的な言葉をキレイに並べてるのに
意外なほどストーリーもしっかりしてて
歌詞を見ながら聞くとそれだけで一編のドラマを見た気分になる。
聞き過ぎて最近はちょっと飽きちゃったくらい毎日聞いてた。

何にせよ終わってしまうのは寂しい限り。
スポンサーサイト

獣神RAVE

獣神演武のWEBラジオ獣神RAVE

櫻井さんがゲストの回だけ聞いてみた。
何が面白いって小山力也さんだよ。
もう何もかもがヘン。
あのテンションどこかで聞いたようなと考えて
ナリケンに似てるんだと気づきました。
ナリケンから変態ぽさを完全に抜いた感じ。
すべってるようですべってないあのテイスト。
小山ワールドに引きずり込まれ
ちょっとあっけにとられた感の櫻井さん。
鈴はさすがに慣れた感じでバランス良く
ボケたりつっこんだりしてました。

それにしてもね、鈴の博識っぷりがスゴイ。
小山さん曰く、「ホントに君は何でも知ってるねぇ」
コンビニの始まりとか流通システムとか
普通そんなに詳しく知らないよ。
好奇心が旺盛でアンテナをたくさん持ってる人なんだなぁ
と改めて思いました。

そして、ファンからよく聞かれるという
櫻井・鈴村仲良し説に対し
「そう、でもない・・・。」とピッタリハモるあたりからして
十分仲がいいんじゃないかと思ったり。
まぁ趣味がまったく違うから
プライベートで一緒に行動することは
ほとんど無いんだそうです。

力也さんのパワーと鈴の評論が濃すぎて
目当ての櫻井さんがあまり印象に残らないというオチでした。

ひとりごと

世の中がとても生きにくいのは
人との付き合い方が真剣すぎるからなんだろうなぁ
きっともっと適当でいいんだよ
でも、その適当を習得するには
人間の一生は短すぎるような気がする

しゃばけ

何年か前に原作を読みまして
今回のドラマ化をとても楽しみにしてました。

主人公は大店のぼっちゃんでベタベタに甘やかされてるのに
生まれつきの身体の弱さからシビアに世の中を見ているという
一風変わった設定に好感が持てました。
たくさん登場する妖怪たちも一太郎(主人公)に懐いていて楽しいです。

描写はとても丁寧だし分かりやすい文章なのだけど
そこはそれ、映像化されたほうがより分かりやすいというものです。
美しく迫力あるCGとしっかり構成されたシナリオで原作以上に楽しめました。

墨壺が主人に一言お礼を言いたくて付喪神になりたかった
と泣く場面では思わずもらい泣き。
物に宿る思いが切なくも温かい。
一太郎を生き返らせるために人間界を去ったお銀さんの思いとか。
一太郎を見守る佐助と仁吉の思いとか。
いろいろな思いがあふれている作品です。

キャスティングもすばらしく満足の2時間強でした。
シリーズって書いてあったけど続くのかな。続くといいな。

毎日撫でてるぬいぐるみとか
話しかけてるフィギュアとかが(ちょっとアブナイですか?)
もしかしたら自分のことを好きでいてくれるのかも
と思ったらいつもの顔が笑ってるように見えました。

俺、誕生!

ようやく見て参りました、劇場版電王。
全席指定のシアターでゆったり鑑賞。
いや~楽しかったです。
もう1回見てもいいかなと思うくらい。
変身シーンたっぷり、電車バトルもたっぷり。
大画面で見ると迫力あってワクワクしました。
キャラが多いんで個々の登場シーンは少なめかな。
モモ好きさんにはかなりおいしいと思います。
良太郎に忘れられて(一時的に)しょんぼりしてたり
思い出したら喜んで飛び回ったりと
お茶目っぷりを余すところなく発揮。
子供の頃の良太郎(小太郎)が激カワ。
そこにモモが憑依したらもう可愛すぎ。
小太郎が変身したミニソードフォーム。
パッと見大きさの違いに気づかなかったけど
ちんまいこと・・・。
ちんまいのに声がモモ・・・最高だ。
オーナーは終盤にさりげなくカッコイイ。
ハナちゃん、強いとは思ってたけど忍者より強いよ。
侑斗がかなりがんばってました。
しゃべり方や性格に難アリだけどいいヤツなんだよね~。

4フォーム勢ぞろい+ウィングフォーム+ゼロノス。
画面にたくさんライダーがいるとホント楽しいです。
単純に楽しむ娯楽作としては上出来でした。

あ、そだ。モモタロスのなつやすみはほんの数分。
実写版の2頭身で紙芝居みたいな作り。
泳げないモモに他の3人+αが役に立たないアドバイスをします。
たぶん、5分も無いと思うけどキャラは立ってる。
分かりやすいキャラ設定が功を奏してると思いました。

はぁ~、大満足。

ごちゃまぜ

な、何事ですかっ!  クライマックフォーム?

超かっこわるーい

す、すみません。これでも電王大好きです。
しっかし、アレかっこ悪いよね。
敵イマジンにもコケおどしとか言われてるし。
見た目もごちゃごちゃだし
足に顔が3つも付くなんて妖怪並みだと・・・。
あの携帯電話みたいな(携帯電話なのか?)ベルトといい
イケてないモノ全部集めてみましたみたいな。
これ、狙ってるんですかね。

みんなが消えちゃって泣くモモとか
着信音が鳴って戦闘中なのに電話に出るモモとか
ビクビクしながらボタンを押すモモとか
何かいろいろ出てきてうろたえるモモとか
みんなが戻ってきて泣くモモとか
今日もいちいちラブリーでした。

待ちに待った待機音が8月20日から配信ですよ~。
1回目はソードフォーム。
あー早く携帯の着信音にしたいっ!


****************************


Webラジオ多いよ。聞くだけで一苦労。
SHK2回分、モモっとトークと聞いてヘロヘロぎみ。
そしてトドメの花宵ロマネスクは約50分だって。(長いよ!)
平田さんがパーソナリティに挑戦する花宵パパネスク。
雰囲気違って面白い。パッピーよりかなりマシです。
言の葉あわせの「わらびもち」が笑えました。
プチロマ劇場の第2弾が発売決定だそうで。
まだ1枚目も聞いてないよ・・・。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。