風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相乗効果

同僚が貸してくれた図書館戦争(文庫)を読んでいたら
続きが気になって気になって待ちきれず  ← 追々貸してもらう予定だった
シリーズ既刊の文庫を全部大人買い。
これまでにも自衛隊三部作(同著)にどっぷりはまって
リアルに帰ってこれなくなったりしたし
有川さんの書く軍モノはかなり好き。

キャストの声でしゃべる文章に浸かっていたら
猛烈にアニメが見たくなった。
(放送時に一通り見てるけど)

「アホか貴様!」を連発する堂上・・・。
頭の中ではしっかり前野くんの声で再生。
そういえば前野くんを初めて認識したのが堂上だったなぁ。
くぅーーー!もう一度アニメで見たい!

小牧@彰が目当てで見始めて
気づけばすっかり堂上@前野にはまり
改めて読み直すと手塚@達央もいいなぁ。

BD-BOXも発売されてるけど
欲を言えば書き下ろし小説付きの
DVD初回限定版を全巻揃えたい。
書き下ろしは文庫に収録されてるので読むことはできるが
再編集されてるので糖度が微妙に違うらしい。

・・・気になる。

どうする?買うか?
つか、いまさら手に入るのか?

でも欲しい・・・。
スポンサーサイト

Pure 2

Pure 2 (タクミくんシリーズ)/おおや和美 (ASUKA COMICS CL-DX)

しばらく遠ざかっていたのだけど
久しぶりに手を出してみた。
のっけから口絵の美しさにヤラれた。

くぅーーーーーっ、たまらんっ。
アラタさんサイコー。
あの傍若無人さで甘えられたら
真行寺じゃなくてもクラクラだよ。
自分の辞書にはあーゆう種類の甘え方がないもんで
同じ甘えるでもいろいろあるんだなとしみじみ。
普段は人当たり良く温和。
なのに真行寺にだけキレるんだから。
当たり散らされる真行寺は不憫だけど
真行寺だけなんだよ。
それってものすっごい特別扱いだよね。
自分だけが誰かの特別。
いいなぁ、特別扱い・・・。

おおやさんの絵はホントに美しい。
中でもアラタさんは原作以上だと思う。

もちろんギイとタクミも良かった。
人気のエピソード「あの、晴れた青空」も収録されてるし。
思ってた以上に楽しめました。

タクミくんシリーズのドラマCDは
ギイの声がどうしてもイメージに合わなくてほとんど聞いてない。
でも声優さん増えてきたし今なら誰がいいだろうと考えてみた。

ギイは小西くんとかゆうきゃんとかオノDでもいいかも。
タクミは保志くんで文句ないけどBLは×だろうからじゅんじゅんかな~。
アラタさんはアキラで文句ないけどこれもBLは×だろうから神谷くんでしょ。
真行寺は犬系だから波多野氏と言いたいところだけど
イメージが違うのでヒロキか平川くんかな。
赤池くんは杉田で。
あ~こんなキャストならぜひ聞いてみたい。
角川さんよろしくお願いします。

DOLLS?

総隊長大好きだーーー。

やっと読みました。
naked ape先生の絵はコントラストが強すぎて
読み出してから慣れるまでちょっと時間がいる。
特に最近はその傾向が強いような気が・・・。
にもかかわらず、やっぱキャラの魅力なんだろうなぁ。
慣れると目が離せなくなります。
今回も御子柴総隊長がステキすぎ。
清寿メインのお話もいつもと違って新鮮。
羽沙希は無自覚の癒しパワーを発揮しつつ
餌付けされてるし・・・。(メガネのウサギだよ)
笑太のわかりにくい優しさとか
キャラそれぞれの魅力が満載。
ドラマCDのキャストで脳内変換すれば1冊で2度おいしい!
でもオマケの携帯アクセサリーは・・・いらないかも。
メールブロックは期待してたんだけど好みじゃなかった。
次回のオマケはぜひミニドラマCDでお願いします。

夢のよう

封殺鬼シリーズの新刊が出ます。
ものっそうれしいぞ。
もうこのシリーズは読めないと思ってたから本当に嬉しい。
著者のHPによれば次回作の締め切りも決まってるとか。
長く続いてくれるといいなぁ。

封殺鬼は登場人物が魅力的。
千年もの長い時間を生きている二人の鬼は
周りの人間が老いて死んでしまう中で
自分たちだけが歳をとらない。
遺され続けるというのは想像を絶する恐怖なんじゃないかと思う。
これ一人だったらたまらないよね。
二人だから生きていられる。お互いが全て。
でもそれはいつか失うかもしれない恐怖と背中合わせ。

そんな彼らを取り巻く人々もまた
愛すべき彼らを遺して先立つ悲しみがあり・・・。
人の絆をとても大切に描いているお話だと思います。

シリーズの中で特に好きなのは
「花闇を抱きしもの」「マヨイガ」
一押しキャラは御影三吾。
いっつも貧乏くじを引かされる苦労人。

表現が難しすぎず文章も読みやすい。
陰陽道についての描写も丁寧です。
坂東真砂子や小野不由美と並んでお気に入りの作家さんです。
ドラマCDが発売されてますので声から入った方にも
ぜひおススメしたい本です。

今通勤中に愛読しているのは森博嗣
S&Mシリーズからずっと読んでます。
独特な理系の思考や表現がクセになる。
Vシリーズまで読んでその後はしばらく放置状態だったんだけど
Gシリーズも半ばまで進んだのでまた読み始めました。
タイトルにギリシャ文字を使ってるのが珍しくて好き。
評判はいまひとつらしいけど
この作家さんのお話はシリーズの枠を越えてリンクしているので
通して読んでる人には楽しめると思う。
スターシステム?みたいな感じです。
世界観にどっぷり浸って読むのがおススメ。
これを読んでると大学院生にとっても憧れます。(今さらですが)

他にもまだまだ好き作家さんはたくさんいるので
また追々紹介できればと思います。

愛がなくちゃね

鈴木さんの膝枕で眠りたい。

今更と言えばあまりに今更ですが
純情ロマンチカを読んでおります。
CIELで連載中に飛び飛びで読んだことがあるけど
最初から通して読むのは初めて。
冒頭の鈴木さんはウサギさんこと宇佐美秋彦氏愛用の
巨大なクマのぬいぐるみです。

いい男がクマに纏わりつくラブリーさにうっかり惚れそう。
美咲のキュートさと流されっぷりにすっかり溺れそう。
愛情タップリな二人にメロメロです。

櫻井たまのキュートなボイスに変換して読んだからには
ドラマCDも揃えねばと購買意欲に燃えております。

て、このCDシリーズ今度7作目が出るって・・・。
お金は沸いて出ないのに~。
日々こうやって萌え貧乏になっていきます。
あ、なんかこの言い回し気に入った。
萌え貧乏、不幸っぽくなくて良くない?
貧乏には変わりないけど気は心ってね。

萌えゾーンにヒットしないとかほざいてた少年花嫁ですが
なにげに気に入ってるらしい。
気付けばリピート率高し。
これもウッカリ継続購入しそうだ。

倉科先生の受難

倉科先生の受難/志野夏穂(BE×BOY COMICS)

志野さんはもうとにかく絵が大好き。
お話はよくある男子校ものでどちらかというとほのぼの系。
キャラがたくさん出てきますが、どの絵も好きです。
一押しはやっぱり浅野でしょう。寡黙でキレ者なのにヘタれ。私的ツボキャラです。
対する倉科先生は天然系。かなりかわいいのですが自覚ナシ。
二人の仲はほとんど進展せず、脇キャラを含めたドタバタコメディになってます。
もう少しLOVEに傾くとまた違ってくるのかもしれませんが現状でもかなり好き。

ドラマCDも出てますのでまた別途感想を語りたいと思います。

新刊の意地悪なアイツ(GUSH COMICS)も楽しく読みました。
チューまでですが、やっぱり絵が好きだ~。

コミックスを読むにあたって、絵が好きというのは自分にとってかなり重要な
要素なんだなと改めて思いました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。