風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手を伸ばせばはるかな海

昨年発売されたブルーサウンドシリーズの第2弾です。

手を伸ばせばはるかな海/マリンエンタテインメント(原作:崎谷はるひ)

<キャスト> 中河原大地(小西克幸)× 宮上瀬里(野島健児)

1枚目で脇だった大地と瀬里のお話。とっても楽しみにしてました。
小西さん演じる大地の声が前作より低いような気がしますが比べなければ問題ない。
レストランバーでバイトを始めた瀬里が厨房担当の大地とカップルになるまでのお話。
豪華2枚組で約150分という長編。原作に沿った作りになっています。
このお二人は声もお芝居も好きなので聞いてるだけで耳福でした。

カップルになるまでのお話なのでカラミは終盤に1.5回くらいかな。長いです。
ノジケンさんはね~何ていうか、ただ色っぽいってだけじゃなくて生っぽいです。
芝居っぽくない感じ。小西さんの声も自然な感じでところどころ草灯っぽくて良かった。
天然な瀬里に悪戦苦闘するコミカルさが楽しかったです。

瀬里の弟、和輝がトリさん。瀬里に対する「うん」って返事がかわいい。
3冊目はメインが和輝で、大地×瀬里のお話も収録されています。
どっちもCD化されるといいな。
厨房ヘルプの山下役がブリーチの茶渡でおなじみ安元くん。
4冊目のメインは山下なので順調にいけば安元くんの攻が聞けるかも。

私的おすすめ度は◎。
スポンサーサイト

ラヂオ 花宵ロマネスク

ラヂオ 花宵ロマネスク 第18回 ゲスト:前田 愛

オープニングのモノローグはいまいち。
文化放送のスタジオが変わったらしいけど、音がいつもと違って聞こえたのは気のせいかな。

今回の聞きどころもプチロマ劇場。ある日の珠美と菫、放課後の教室にて。
あ~なんていうかすぅちゃんって本編でもこうゆう天然さあるよね。
プチロマ劇場では天然さ加減がアップしてるけど。(バカとも言う)
桔梗が忍者って・・・。でもそう言われればそうかもしれないと思わせる何かが桔梗にはある。
葵がサイボーグって・・・。少しは疑問を持とうよすぅちゃん。
ともゑが電池式で、綾芽は水溶性。この辺の設定は笑える。ぜひパロディでやって欲しい。

天然って自分的に好物なのですぅちゃんはとてもツボキャラです。
声優でいうところの保志総一朗さんとか、ちっとも会話にならないズレっぷりが大好きです。

花宵のドラマCD第3弾が発売されるようです。10月予定。
夏コミの企業ブースではイベントDVDの先行販売もあるらしい。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 17話 鏡夜の不本意な休日

ハルヒが可愛かった~。今回は特に作画が良かった気がする。
ラブの気配もないハルヒと鏡夜ですが何気に良いコンビなのでは。
庶民デパートを満喫するホスト部面々が面白すぎ。
ハニー先輩と双子は素で小学生に混じってたよね。
鏡夜と環の関係は何かいいね。利益利益言ってる割に計算じゃないところが。
鏡夜にとって凶悪な顔して「殺す!!」とか言えるのは環だけなんじゃないかな。
クールな鏡夜は好きだけど感情をあらわにしてる鏡夜もいいなと思いました。
貴重なお顔が拝見できて幸せでした。

可愛気

可愛気/マリンエンタテインメント(原作:鹿野しうこ)

<キャスト>
茂木昴成(森川智之)× 広末堅二(谷山紀章)目白靖(石川英郎)× 中野旬次(千葉進歩)


ガテン系のお話です。ニッカボッカです。
モリモリがカッコよくてエロい。
ちょっと乱暴な口調やストレートな物言いがいい。
台詞に妙に色気があったりしてかなり萌えます。
紀章さんのキャラも一途でかわいいのに男っぽいところがいい。
カラミはそんなに長くないと思いますがこの二人なので充分エロいです。

別カップルのお話もまあまあですが、コミックスのイラストイメージが勝ってるかな。
中野がクールな黒髪美人なので、千葉さんのインパクトがちょっと弱いかも。

そうは言っても結構気に入っていて、何度も聞き返しています。

私的おすすめ度は○。

ねじれたEDGE

レビューサイト様でめちゃくちゃ評判が良かった作品。小西さんの年下攻めです。

ねじれたEDGE/サイバーフェイズ(原作:崎谷はるひ)

<キャスト> 鴻島 斎(小西克幸)× 咲坂暁彦(野島健児)

ねじれてましたよ、二人とも。ねじれまくり。
気持ちとしては分からんでもないが、あんまりグルグルしてるのは聞いてて疲れる。
ところが、野島さんの声はこのグルグルを絶妙に聞かせてくれます。
小西さんの声も地声に近くて聞きやすい。しかもエロい。
このお二人は声のバランスが非常に良いのでは。
特にラストのカラミはめちゃくちゃ息が合ってました。
SEも抜群なんだと思うけどこのトラックだけでも聞く価値あり。
サイバーさんらしいしっとりとした作りでとても満足できました。

咲坂がかなーりネガティブで最後までハッピーという感じではないのですが
できるなら、ラブラブしている二人をもっと聞いてみたかったです。

LOVELESSの草灯声で最初から最後までベタベタ甘やかし攻めの小西さんを
誰か作って下さい。お願いします。

私的おすすめ度は◎。

BLEACH

BLEACH 90

久々に恋次が卍解。作画けっこう綺麗でした。
か、狩矢さん、それはありですか?いっそ笑えるんですが・・・。
一護もそんなに転がらなくても・・・。あー血がいっぱい出ちゃったよ・・・。
次回斬月のオッサンが出るみたいですが、一護は虚化しないのかな?
虚化一護にはちょっと興味あるのでもう少しじっくり見てみたいなー。
バウントを生み出したのが尸魂界だったとは。
尸魂界もいろいろ裏がありそうですね。

提供バックの兄さま素敵でした。

倉科先生の受難

倉科先生の受難/志野夏穂(BE×BOY COMICS)

志野さんはもうとにかく絵が大好き。
お話はよくある男子校ものでどちらかというとほのぼの系。
キャラがたくさん出てきますが、どの絵も好きです。
一押しはやっぱり浅野でしょう。寡黙でキレ者なのにヘタれ。私的ツボキャラです。
対する倉科先生は天然系。かなりかわいいのですが自覚ナシ。
二人の仲はほとんど進展せず、脇キャラを含めたドタバタコメディになってます。
もう少しLOVEに傾くとまた違ってくるのかもしれませんが現状でもかなり好き。

ドラマCDも出てますのでまた別途感想を語りたいと思います。

新刊の意地悪なアイツ(GUSH COMICS)も楽しく読みました。
チューまでですが、やっぱり絵が好きだ~。

コミックスを読むにあたって、絵が好きというのは自分にとってかなり重要な
要素なんだなと改めて思いました。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 16話 ハルヒと光の初デート大作戦

デートとはいっても色っぽいものではありません。
いやー面白かった。
荒井くんの出現により生じた嫉妬で光が混乱。しかも自覚なし。
双子オンリーの世界で生きてきた光が人と関わることを意識し始めます。
感情がコントロールできない光がいちいちかわいい。
おバカっぷりを発揮しつつも肝心なところでしっかりしている殿はいいね。
台詞は少なくてもみんなキャラが立っている。
アイスクリームのカップル食いはぜひやって欲しかったな~。
いつかハルヒと本当のデートができるといいね、光。

目にも耳にも心にも優しい楽しい回でした。



僕等がいた 3話

矢野と元カノ(奈々)のお話がメインでした。
奈々はもっと落ち着いてるイメージだったんだけど矢野の方が大人で意外だった。
七美の明るさや裏のなさは矢野にとって救いになっていくんじゃないかな。
淡々としてるのに妙に惹きつける力のある作品だと思います。



.hack//Roots

録画失敗。

深夜枠のアニメは時間変更があったりで録画するのも大変。
よっぽど魅力を感じないと見続けるのも難しいです。

ハウルの動く城

ハウルの動く城

初見です。
録画して時間があるときに見ようと思ったのに
見始めたら止められなかった。ジブリはやっぱりいいな~。
良く考えると「?」なところもあるんだけど
理屈じゃなくて気持ちを揺さぶられるところがたくさんある。
ストーリーはまた追々見返して考えてみるとして
細かい所で気に入った点をいくつか。

かかしのカブ  信用したら徹底的に懐いてくるこうゆうキャラに弱い。無口で献身的。
ヒン  同上。敵側の密偵だったのにね。
カルシファー  自分で薪を足すとこ。

ハウルの城に寄せ集まったキャラたちが、お互いに信頼しあって
家族に近い関係になっていくのが嬉しかったです。

余談ですがジブリ作品で一番好きなのはラピュタです。次がトトロ。
どの作品も放送されてれば見てしまうぐらいには好きです。

右手にメス、左手に花束

右手にメス、左手に花束/サイバーフェイズ(原作:椹野道流)

<キャスト>  江南耕介(置鮎龍太郎)× 永福篤臣(鈴村健一)

医大生で始まりますが、途中で9年も経過してますので中盤では医者になってます。
オッキーの関西弁も評判良かったし、泣き鈴、酔っ払い鈴など様々な鈴が聞ける
とのことで手に取りました。

江南の片思いがメイン。想い余って無理やり襲ってしまいました。
医療業界らしく病気の話などもからめてややシリアスにお話が展開します。
二人の演技が落ち着いてるせいかあんまりボーイズっぽくない。
トークで鈴が言ってましたが月9っぽいというのは言い得て妙かと。
声とお話とのバランスが良く両方で聞かせるタイプのドラマだと思います。

合意のカラミは1回で、篤臣が無理してる感じなのであんまり色っぽくはないかな。
もうちょっとラブラブなところも聞いてみたいので、続きも買ってみようかな
という気にさせられます。

私的おすすめ度は◎。

金色のコルダ Happy Time

放送は終了してしまいましたが、2005年からランティスのウェブラジオで
配信されていた、金色のコルダ~放課後のエチュード~のテーマ曲です。

金色のコルダ Happy Time/KOEI

3曲収録されていて、当初は月森蓮@谷山紀章の「FLAME」目当てでした。
紀章さんの曲はとにかくエロい。ヘビロテしました。
さわやか~な曲のはずなのにそこはかとなくエロさが漂う。
それから王崎信武@小西克幸の「Brightly」。
どちらもクラシックをアレンジしていて聞きやすい。

そして5人(月森・土浦・志水・火原・柚木)で合唱する「Happy Time」。
歌い手がフレーズごとに変わるし、声にも差があって
まとまりないような気がしてたんですが、最近ハマっています。
応援してくれるような歌詞なので、あと一歩が出ないときに背中を押してくれる。
この頃特にお世話になることが多く、通勤のお供にずっと聞いています。

買っておいてよかったな~と思う1枚です。

X オリジナルサウンドトラック?

X オリジナルサウンドトラック?/ビクターエンタテインメント
に収録されている神威@鈴の「結晶」について。

初めて聞いた時はゆるーい感じでインパクトが弱かった。
「約束」が重いメロディだったので、ゆるやかすぎて拍子抜けしました。
広い海原をイメージさせる波のような曲に、鈴の声がクリスタル感をプラス。
盛り上がりに欠けるのでつまらないといえばそうなんですが
繰り返して聞くとリラックスできるというか穏やかな気分になります。
「約束」とはまた違う方向に落ち着く感じ。前向きな歌詞で6分強と長め。

曲調も歌い方も至って普通で特徴は無いんだけども
鈴らしさが良く出てるんじゃないかな~と思います。

鈴のキャラソンはいくつか聞いていますが
どの曲もいい意味でキャラソンっぽくなくて聞きやすい。
とても楽曲に恵まれているんじゃないかと思う。
鈴ファンとしては嬉しい限りです。
Legend of the BEASTに収録されている「Kitty」もおすすめ。

BLEACH BEAT COLLECTION -URYU ISHIDA-

中古CDショップで流れていたのが雨竜くんの声っぽくて
これかなーと予想して聞いてみました。

BLEACH BEAT COLLECTION -URYU ISHIDA-/アニプレックス

杉山さんの声は大好き。クールで夏向きだよね。
雨竜くんは声もキャラもビジュアルも好き。サスケも好きだったりする。
これはまあまあかな。曲調と杉山さんの声が合っています。
一護とギンちゃんよりは良かったと思う。
このシリーズの特徴だけど、合成音とかエフェクトとかが強すぎる。
声が歪んで不安定さが増すような気がします。

「滅却師の誇りにかけて」は雨竜くんの語りがメイン。
「Aesthetics and Identity」は一護とのデュエット。
「水銀燈の夜」がソロです。

中でもAesthetics and Identityが好きかな。耳に残るメロディなので
繰り返し聞きたくなります。一護とのバランスもいい感じ。

今更ですが杉山さんって他にも何か歌ってるのかな?
流れてたのって違う曲のような・・・気もする。

BLEACH

BLEACH 89

(注:コミック未読につき間が抜けた感想でもご容赦下さい。)

やっぱり死神さんが活躍すると俄然面白くなりますね。
卍解大盤振る舞いで皆さんカッコよかった。
修平は斬魄刀もわからないし卍解もまだだよね。
ビジュアルも声も好みなので早く見たいです。お願い!久保先生。

ネムの行動は独断なのかな。マユリの指示とは思えないけど・・・。
雨竜くんに力が戻ってくれるのは嬉しい。
なーんか雨竜くんって妙に女性が絡むよね。
女性と一番縁遠いキャラっぽいのに不思議だ。
しかも今日はやたらと男前だったと思うのは気のせい?

死神図鑑ゴールデンのマユリ様は珍しい反応で新鮮でした。
次回は恋次が活躍?するらしいです。

本日のオープニングラストカットは七緒とネムのチャイナでした。美麗。

伯爵様は不埒なキスがお好き

4作出ている人気作品。コメディタッチで評判も良かったので聞いてみました。

伯爵様は不埒なキスがお好き/バナナジュースカンパニー(原作:高月まつり)

<キャスト> エディ(杉田智和)× 比之坂明(鳥海浩輔) 他 伊藤健太郎 子安武人

俺様吸血鬼とアパート大家のラブコメです。
迷い込んできた蝙蝠を大事に世話するという設定は無理があるかなと思ったけど
蝙蝠バージョンのエディがかわいい。例え蝙蝠でも飼いたくなるぐらいに。
俺様のくせに明の言いなりなところもかわいい。
明はお人よしのいい人キャラなんですが、すぐに殴る手の早い人。
エディもチャーリー@イトケンもたっくさん殴られてます。

声は鳥さんも杉もナチュラル系です。杉は蝙蝠と吸血鬼、ギャグ、シリアスなど
いろんなタイプの声が聞けます。
カラミはややフェードアウトぎみですが鳥さんの受ですから文句ないです。
当て馬くんのイトケンさん、珍しくノーマルな子安さんなど個性的なキャラが多く
全編を通して楽しく聞けます。お話もしっかりしているので満足度高し。

面白かったです。予想以上。もったいないので続きは小出しに聞こうと思います。

私的おすすめ度は◎。

僕等がいた

僕等がいた 2話

好きかどうかを自覚する前に告白してしまいました。
矢野はそれがわかっていて流します。
それでもお互い特別に意識はしていて・・・。

結構面白い。シナリオがいいのかな~。
イマドキっぽさと高校生らしさがあってついつい引き込まれる。
他のアニメと同じように半分でCMが入るんだけど
この半分で1話分見たような気になる。
内容が濃いのかな。でもゆるいんだわ。これが不思議。

来週も見てみたいなと思いました。

ラヂオ 花宵ロマネスク

ラヂオ 花宵ロマネスク 第17回 ゲスト:なし

鈴のソロマネスクです。

怖い夢を見なくなった。俺、強くなったのかな。
もう何も怖くないんだ。おかしいかな?先生。


やっぱりオープニングのモノローグ好きだな~。ラジオCD出して欲しい。
一人でできるかな?と少し緊張気味ですがいっぱいしゃべってくれて嬉しい。

「ソロマネスクだけどロゴスぐらい健一ひとりでちゃんとできるもん。」
って、何でそんなにかわいいんですか?かなり真面目にロゴス解放してました。

そして桔梗ちゃんのキャラソン。
いやーこれまたえらい難しいメロディラインですな。音とりにくいだろうに。
声は桔梗ちゃんの声です。諏訪部さんにしては珍しいトーンかな。
ボサノバっぽい?聞き慣れると癖になりそうな予感。

「ちゃんとできたかな?できたよね?」と心配気にエンディング。大丈夫できてたよ。

イベントDVDの携帯通販特典は「菫んでれらのビジュアルブック」だそうです。
携帯サイトで予約してみたのですが、接続に時間かかるし分かりにくいですね。
完了まで1時間近くかかってしまった。
PCの公式サイトでも通販できるようになるといいのにな。

.hack//Roots

.hack//Roots 15 Pad

三木さんと斎賀さんが出てた。びっくり。
ハセヲは出番ナシ。
いつもより面白かったけど前後の繋がりがわからない・・・。
あいかわらず素人に優しくないアニメだ。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 15話 軽井沢さわやかバトル

双子の美麗な寝起きから始まった今回のホスト部。
高校生は夏休みですか・・・いいですなぁ。

軽井沢ということでみなさんさわやか仕様です。
熱意はイヤというほどあるのに裏目に出てる環が不憫。
せっかく鏡夜が入れ知恵してくれたのに悪魔な双子には勝てません。
馨がケガをする場面では、ハルヒよりも馨を心配する光が切ない。
何かこの双子やっぱり危うい感じがする。
あまりに強い絆とか執着は萌えるけど排他的で切ないです。
NIGHT HEADの霧原兄弟とか封殺鬼の弓生と聖とか。

殿のバカッぷりに救われます。鏡夜の黒さにもいっそ安心する。
ホスト部ってバランスのいいアニメだな~。
今回は双子のカットがたくさんあって満足。

次回はライバル出現!?  ハルヒと光がデートするらしい。

セイント・ビースト 3rd パーティ

「ケダモノたちの聖なる宴」だけでは足りず
また買ってしまったイベントDVD。

セイント・ビースト 3rd パーティ/フロンティアワークス

ライブドラマと歌のライブがメイン。
今回は歌の感想を。

声優さんたちが歌っているところを初めて見ました。
CDで聞くのとはまた違った感慨がありますね~。

見に来ている人に楽しんでもらいたいというのが
一生懸命歌ってる姿から伝わってきました。

歌う技術とかあんまり重要じゃなくて
好きな声優さんが歌ってくれているだけですごく嬉しい。

「緊張しております!」という櫻井さんの頼りない笑顔がいい。
ノリノリのモリモリと鈴もいい。
よっちんの歌い方が激しくかわいい。
何より出演者みんなが楽しそうにしてるのがいい。

見ている方も幸せになれます。

コナンドラマ化

名探偵コナンのドラマ化が
よみうりテレビの公式サイトで紹介されています。

キャストは
工藤新一:小栗旬
毛利蘭:黒川智花
毛利小五郎:陣内孝則
目暮警部:西村雅彦

キャストは妥当なような気がする。
ちょっと楽しみ。

ケダモノたちの聖なる宴

セイント・ビーストのイベントDVDです。

ケダモノたちの聖なる宴(トーク編)/フロンティアワークス

トーク編とライブ編がセットになったコンプリートパック(未公開映像DVD付き)
というのも出ているらしいのですが、入手できなかったのでトーク編のみです。

ライブドラマとテーマに沿ったトークがメイン。

ライブドラマでは声を当てている様子が見られます。
報われないシヴァの壊れっぷりは必見。

トークはそれぞれ人気バラエティ番組風で
家族の話題で引っ張られる杉田くん
タンクトップが似合わないらしい鈴
収録現場でカルビーに電話したらしい宮田さん
など楽しい話題がいっぱい。

ビデオメッセージもいくつかあって
緑川さんと石田さんがセットで出てきたときは会場が沸いてました。
石田さんって普通にしゃべってるだけで何であんなに面白いんだろう。

仕事の関係で櫻井さんが前半のみの出演だったのが残念でした。

Triniry Blood File #03

アニメは見てませんが、鈴のキャラがいいという噂につられて購入。

Triniry Blood File #03 RADIO HEAD + more/ビクターエンタテインメント

<キャスト>  ディートリッヒ:鈴村健一 イザーク:藤原啓治

ドラマはアニメを知らなくても楽しめます。
まあ、所属している組織とかメインのキャラなんかについては
良く分からないところもありますが、外伝っぽい作りなので分からなくても問題ナシ。
二人の掛け合いがテンポ良く、短いながらもまとまっていました。
ディートリッヒの鈴はかなり好みです。
こういうSっぽい役もっとやって欲しいな。ちなみに鈴は自称Sです。

新曲「ROSENCREUTZ ORDEN」はディートリッヒ(人形遣い)とイザーク(魔術師)が
それぞれ音楽にのせて名言を語ります。

鈴の声はやや低めで厭世的でSっ気満載。
藤原さんも低めの声で感情を抑えた感じ。
二人の台詞も荘厳な曲も、ものすごーくカッコイイんですよ。
でももう少し曲のボリュームを絞ってくれると台詞が聞きやすいのにな~。
せっかくのS鈴なのにもったいないです。

他にもBGMが何曲か入ってます。
全体的に世界観を良く表していると思いました。

私的おすすめ度は○。

銀魂

「銀魂」のラスト
エリザベスの口から出てきたのって何っ!?
めっさ気になります。

BLEACH

BLEACH 88

えーと、今回の見所はオープニング(提供バック)の喜助さんのカットです。

「それにしても醜いね。愛嬌ってものが無い。」 by弓親
まったくもってそのとおり。
副隊長四人がかりで歯が立たないって・・・。
作画もいつにも増してヒドイことに・・・。
せっかく死神さんたち現世に来てるのになあ。
バウント編いつまで続くんだろ・・・。

NIGHT HEAD GENESIS

パソコンテレビGyaOで配信中のアニメ。

NIGHT HEAD GENESIS 第1話 記憶

ああこんな話だったな~と懐かしく見ました。
直人と直也という超能力を持った兄弟のお話で
豊川悦司と武田真治でドラマ化・映画化されています。
当時夢中で見ました。排他的でシリアスでスタイリッシュな印象だったんだよね。
それが今回アニメ化ということでとても楽しみにしていました。

何といっても森川・石田の兄弟ですよ。
石田さんの「兄さん!」が聞けるんですよ。
モリモリは少し乱暴な感じ、石田さんは控えめ少年系。

ワイルドで攻撃的な兄と繊細で守ってやりたい弟。
信じられるのはお互いしかいない世界。
キャラデザも良く原作に沿ったストーリーでした。
続きが楽しみです。

ブレックファースト・クラブ

ブレックファースト・クラブ???/サイバーフェイズ(原作:高井戸あけみ)

<キャスト> 犬山弘樹(子安武人)× 三木彰(鈴村健一)

これすごく好きです。特に?が好き
淡々と過ぎてく日常って、BGMみたいだけど聞いてて心地良いんですよね。
子安さんと鈴は元々クリスタルヴォイスで耳に優しいし。

んで、クールビューティー三木@鈴
   ひょうひょう優男犬山@子安 とくればクリスタル感アップ。

といっても?はストーリーテラーが松本くん@川島得愛で
メインキャラはあまり出張らず状況説明っぽいんですが。
この何でもなさ加減が私的にはツボです。
テンポも良くって落ちがあるから聞いてて飽きません。

??と進むとメイン二人の距離が縮んで悩むようになるので
少しずつ重たくなってきます。お話として固まってく感じ。
全体を通して独特の空気感があってそれがすごく好きです。

どうしてもビジュアルで見たいシーンが出てきてコミックスも全巻購入。
絵の雰囲気を損なわない音作りに配慮してるなーと感じました。

私的おすすめ度は◎

名探偵コナン

コナン10周年記念ドラマスペシャル(よみうりテレビ・日テレ系で今秋放送予定)
新一:小栗旬 蘭:黒川智花 小五郎:陣内孝則

なーんて情報をネットで拾ったのですが
マ、マジですか?
アニメ以外のコナンなんて想像つきません。
ネタなのか真実なのか判断つかないのですが動向を見守りたいと思います。


BLEACH SOUL SONIC 2006夏祭

今年の祭りはどうだったんでしょうか。
好き声優さんが軒並み出演で非常に心惹かれたものの今回は不参加。
1・2章は安元くんが司会だったとか。茶渡の司会・・・。シンプルで落ち着いてそうだ。
小西さん、遊佐さん、DVDで会えるのを楽しみに待ってます。

僕等がいた

僕等がいた

ゆるいな~と何となく見てたんですが、ラストで何だか複雑そうな背景を匂わせて
上手く次回へ繋げたと思います。

少女コミックっぽい学園ラブコメですがもしかしたらシリアスに転ぶのかも。
原作を知らないので傾向がわかりませんが時間があれば見てもいいかな。

作画は漫画っぽい優しい感じですね。キャラデザも好みです。
キャストは新人さんなのかな。知らない方が多かったです。
(女性声優さんについては少年系を除きほとんど知識がないのでご容赦を)
良くも悪くも初々しい感じでした。

「うたわれるもの」録画し損ねました。
初回を見逃すと一気に視聴意欲が低下します。しょぼん。

.hack//Roots

.hack//Roots 14 Unreturner

ハセヲがますますいじけてます。目がずっと半目。
オーヴァン脱出できたんだ。んで、今どこにいんの?
なんかさPKされたプレイヤーがリアルで意識不明になるってあり得るの?
関連商品の知識がないとやっぱり内容が把握できないのかな。
もはや単語の意味もわからん。

ストーリーは置いといて映像だけでも気力があったら見続けたいと思います。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。