風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 22話 モリ先輩に弟子入り志願

想像に反してラブリーなお話でした。
笠野田君はツンデレのカテゴリーに入るのかな。
不器用な人は好み。笠野田君はやたらとカワイく感じました。
舎弟さんたちがちゃんとわかっててくれるのもいい。

モリ先輩は散々な言われよう。お気の毒でした。
外見はツボなはずなんですが、ツンデレの「デレ」の部分が無いから
あんまり萌えない。

有意義とは言えない改造計画は殿らしくて良かったです。
ネコミミに対するホスト部のおたふく顔が今にも笑い出しそうに見えた。

果たしてハルヒの素性はバレてしまうのか、次回へ続く・・・。
スポンサーサイト

キャラソン@鈴

仕事が非順調につき心ここにあらずな今日この頃。
DVDやらキャラソンやらが山になりつつも消化できません。
そんな状態で聞いてるせいか鈴の「ワるきゅーレ」や「桜蘭ホスト部」もヒットせず。
ワるきゅーレは大人っぽいというコピーでしたがメリハリが無い印象。
ホスト部は常陸院ブラザーズの曲が短すぎる。
二人だし歌ってるパートも少なくてメロディも軽すぎるような・・・。
期待しすぎたのかもしれない。あるいは後で聞き直せば気にいるか・・・。
サントラとしてもアニメの印象が強すぎるので敢えてCDで聞く必要がないような・・・。うーん、微妙だ。

新たな萌えを求めて学園アリスのサントラ注文してしまった。
学園アリスでは世界的アイドルという歌が本職の設定。
試聴した限りでは期待できそうなのですが・・・。
またハズレるかもしれないのであまり期待はしないでおこう。
キャラソンは好みじゃないとどうにもならないと痛感しました。

先日Gフェスで生鈴を見たばかりなのに既に欠乏ぎみ。
花宵のDVDで動く鈴を補給したいです。

ラヂオ 花宵ロマネスク

ラヂオ 花宵ロマネスク 第20回 ゲスト:遊佐浩二

毎度のことながらオープニングのモノローグいいな~。
遊佐さんがゲストの時の鈴はイイ感じに楽しそう。
この二人の空気感は聞いてて妙に安心する。
諏訪部さんの時も楽しそうだけど、よりリラックスしてるように感じる。
ゲストさんの中では遊佐さん最多登場なんだって。慣れもあるのかもしれない。

最近ツボなプチロマ劇場だけど今回はいまひとつ。
夏休みの自由研究のテーマに「不倫」を選び
桔梗に言われるまま葵に助言を求めるすぅちゃんでした。
葵のあわてっぷりも桔梗の黒さも健在。

合間に流れるドラマCDのCMがいいです。世界観を凝縮した感じ。
今回は桔梗と葵でした。

次回のゲストは緑川さんです。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 21話 いつかカボチャになる日まで

ハロウィンに寄せたお話。メインはハルヒのクラス委員長の恋物語です。
が、そこはかとなく変化に対する不安みたいなものを馨が語っている。
いまのホスト部はかけがえの無い関係性と空間を与えてくれているけど
いつかきっとハルヒを巡ってこのバランスは崩れる・・・と予感している。
馨は光より大人で一歩引いて全体を見ている。光はまだ気づいていない。
殿は気づかないフリをしている。他のメンツについては不明。

ギャグに比べて真面目なところは表現が遠回しな気がするので
必要以上に深読みしてしまいます。
分り易いギャグと遠回しなシリアスのバランスがこのアニメの魅力なのかも。
面白くて楽しいけど、ただ笑って終わりじゃないところが好きです。

Gフェス

「Gフェス」行って参りました。
この手のイベントに一人参加は初体験なのでドキドキ。
入場待ちの時にお話して下さった方も鈴ファンということで嬉しかったです。
レポとまではいきませんが感想などを。

待機列を作ってる時は仕切りが悪いような印象でしたが時間ピッタリに始まりました。
アムロのナレでコミカルに諸注意が流れて司会担当者が登場。
なんと諏訪部さんと進藤さん。思わず奇声を上げてしまった。
SEEDのキャストが登場して一流SEED声優を決定するための、お題に対するチームバトル(前編)。
鈴に関さんに保志くんに彰と目移りしすぎて散漫になってしまった(自業自得です)。
仲良しっぷりを発揮する諏訪部さんと鈴の掛け合いが楽しかったです。
スターゲイザー1話/2話の放映後、休憩20分。
ファーストガンダムキャストトーク(古谷さん・池田さん・潘さん)。
再びSEEDキャストによるお題に対するチームバトル(後編)。
最終問題の「シャアザクを描く」では保志くんが上手で意外。彰も特徴をとらえてました。
ED&挿入歌のライブ(5曲)。
おまけ・潤々の「反逆のルルーシュ」紹介。

随所でプロもが流れ置鮎さんが影ナレをしてたんですが、最後の商品授与でご本人が
登場してくれました。トータルみっちり3時間強。
無料の招待イベントとは思えない豪華出演者で大満足です。楽しかった~。

SEEDの割合が高くて幸せ。スペシャルエディション3部/4部の紹介では
白服のキラ様が拝めました。会場の嬌声もハンパじゃなかったよ。

イベントDVDも発売されるのかな?そんな雰囲気でした。ちょっと欲しいかも。
半日を消費したけど行って良かったなと思います。

キャラソン@跡部景吾

このところキャラソンがマイブームで鈴のとか遊佐さんのとか諏訪部さんのとか
試しにいろいろ聞いているのですが、今更ながら跡部様ステキすぎる。
「CROSS WITH YOU」はマジかっこいい!
なにあのナルシストなオレ様っぷりは?なにあの色気!エロいよエロい!!
自分のことを「誰よりも完璧だね!」とか言っちゃうんだよ。
オレ様なのは噂で知ってましたがここまでとは。しかも色っぽいよ~。
アニメは未視聴だけどそれでも惚れてしまいそうです。アルバム買っちゃおうかなぁ。

鈴の新譜(ホスト部とかワるきゅーレとか)もゲットしてるので
近いうちに聞こうと思ってます。あ~楽しみだ~。

花帰葬 prologue -黒い翼-

花帰葬 prologue -黒い翼-

<キャスト> 
黒鷹:井上和彦 白梟:篠原恵美 研究者:大川透 時雨:関俊彦
彩紅:増田ゆき 十季:鈴村健一 灰名:石田彰 初代玄冬:三木眞一郎
花白・初代救世主:斎賀みつき 銀朱:伊藤健太郎 文官:遊佐浩二


お話はHaccaWorks*より発売されたPCゲーム「花帰葬PLUS+DISC」に収録されている
外伝シナリオでした。結末を知ってても泣ける。彩紅さんがせつない。
キャスティングはすばらしいです。ゲームのイメージを損ねない見事な配役。
ただね、玄冬は三木さんじゃないような気がする。玄冬はもっと硬くて静かなイメージ。
玄冬の出番はちょびっとなのであまり気にはならないけど、PS2だとメインだからな~。
何といっても灰名の彰がかっこよかった~。アスランより大人でクールな声。
彰の声では一番好きなトーンでした。斎賀さんは子供と大人を演じてますが
同じ人とは思えない演じ分け。声優さんって偉大だ。
黒鷹は好きキャラなんですがコミカルなところもシリアスなところも
井上さんが過不足なく演じてくれています。黒鷹ってこんな人だと素直に思えます。
兄想いで要領の良い十季に鈴。ビジュアルがぴったりです。鈴の声はやっぱり耳に心地いい~。
ゲームファンとしては満足できる内容。声フェチとしても堪能しました。

私的おススメ度は〇。

BLEACH

BLEACH 94

ギャグテイスト満載な回でした。
空鶴さん最強。ボニーちゃん爆笑。岩鷲はすっかりギャグ要員ですね。
金彦・銀彦の「偉業」とやらは一護同様「何が・・・?」状態でしたが、グーがパーになったのね。
井上さんが「パーだ!」言うてたけどわかりにくかったよ。
白夜ってば素直じゃないね~。そこがイイんだけども。
イノシシに乗ってる雨竜くんは違和感バリバリでした。

今日の提供バックは見たことない人。水色の髪だったよ。
お腹に穴が空いてるからアランカルの一人なんでしょうか。
レギュラー陣は終わってしまったのね。さみしい・・・。

学園アリス

学園アリス

キャストが豪華でずっと見たかったアニメです。
今月からNHK教育TVで再放送が始まったので見てみました。
アリス学園という超能力(ESPに限らず)を持った子供を保護する学園でのコメディかな。
主人公の蜜柑と蛍の関係性がちょっと変わってて面白い。
男子生徒(棗)に朴さん。操るアリス(能力)は炎。悪ガキなのにか、かっこいい。朴さんマジック。
そして先生が彰と櫻井さんだよ。彰(鳴海先生)のアリスなんてフェロモンだよ。
変態セクハラ教師とか言われてるし、キラキラしてるよ。すごい・・・。
櫻井さんの岬先生は竹刀持ってるバリバリ体育会系。どなり声も麗しい。
これから登場するキャラに鈴もいるし声フェチとしては見逃せないかも。
が、がんばって毎週見よう。
HP見たらサントラに鈴の歌が2曲収録されてる~。買うのか自分・・・。

.hack//Roots

.hack//Roots 19 Violation

藤太(元TaNの俵屋)がメインのお話で珍しく面白かった。
ウールとカシミヤの兄弟も活躍してメリハリがありました。
切り取ったエピソード的なものなら主軸がわからなくても楽しめます。
俵屋は常に裏がありそうで苦手だったから藤太のほうが好感が持てました。
やっぱり直毘=八咫なんだ。ただでさえ登場人物多いのに容姿を変えられると判別できない。

前回ハセヲに尻尾?とか思ったのは3rdフォームというらしい。
尻尾に見えたのは武器の「大鎌」のようです。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 20話 双子があけた扉

双子ゆえのパラドックス。心理学&哲学っぽいお話でした。
内面に迫るとややシリアスになりますが、こういうのも好きです。
認められたいと思うのは人間の基本的欲求。個として判別して欲しいのは当然。
「どっちでもいい」ってのは一番ヒドイんじゃないかと。結果としてひねくれちゃったのね。

幼少期の双子もかわええのぉ~。ニコリともしないところがたまらん。

見分けてもらえないいまま中2にまでなってしまったけど
殿との出会いで一歩を踏み出す双子。
この先にはハルヒとの出会いが待ってるよ~。

水の旋律 キャラクターソング

水の旋律キャラクターソング~茶呑書房~/KID

<キャスト> 手塚京輔:谷山紀章  新野憲吾:鈴村健一

ゲームはプレイしてないのでキャラの把握はできていません。
まったく同じ曲をそれぞれソロとデュエットで歌っています。プラスカラオケ。
声が違っても同じイントロが4回続けて流れるからちょっとくどい。
構成を変えたほうが良かったかも。

その曲「Keep on smile」はアップテンポでさわやか青春応援ソングといった感じ。
二人とも上手いです。上手さではキーヤンが若干(かなり?)上だけど鈴のほうが好きだなー。
高めで透明感いっぱいの声。

このCDには他にミニドラマとトークが収録されています。
ミニドラマは本編を知らないのでパス。

何といってもトークがめちゃおもしろい。
谷山紀章vs鈴村健一 二人だけのぶっちゃけ座談会!
ラジオ風のトークで10分の予定だったらしいのに20分強もしゃべってます。
鈴はこの日ノドが真っ白でステロイドを注入してしゃべってるとのこと。
そんな状態なのにしゃべりまくり。テンポのいい掛け合いが全体を通して楽しめます。
この二人でラジオやりませんかというぐらい息が合ってる。
雨にまつわる話とか好みの女性とかゲームのこととか。
乙女ゲーは知り合いが声かけてきて恥ずかしいとか、某ディズニー〇ンドには
知り合いがたくさんいるとか、聞いててずっと笑いっぱなし。
適度な長さなので気分をアップさせたい時にはもってこいです。
何十回も聞いちゃったよ。トークだけでも買った甲斐がありました。
鈴ファンにもキーヤンのファンにも超おススメです。

NIGHT HEAD GENESIS

NIGHT HEAD GENESIS 第2話 接触/第3話 焦燥

サイキックなお話は好物ですがやっぱり時代遅れな感が否めない。
でも文字が絵になるってわかりやすくていいですね。
漠然としか理解できていなかったものが見ることによって印象を変えます。
御崎老人の指先はあんなイメージでした。翔子はちょっと違うけどノートの文字とか。
大きな流れとかマイナスの力とかもこの先もっと分かりやすくなるのかも。
殺人の描写は自分にはかなりグロかった。

原作を読んだときも思ったけど、霧原兄弟は何で研究所を逃げ出したんでしょう。
拘束されてたから必然なんでしょうか。異分子である以上、閉鎖された環境にいたほうが
安全だと思うのは他人事だからなのかな。
外界へ出る時の不安や葛藤が描かれていないのがとても不思議でした。
出てきてみればやっぱりな展開だし。研究所では守られてもいたんだよね。

声的にはとってもいいです。彰の苦悶する声とかモリモリの落ち着いた声とか。
絵も満足。今後の展開も楽しみです。

BLEACH

BLEACH 93

バウントのキャラ名把握できてないんですが、扇子と剣を持った今日の女の人。
カンフーみたいなポーズがいつ見てもイケてないと思う。
対するルキアはズタボロでした。ヒロインの危機に颯爽と登場するのは・・・。
やっぱり兄さまでしょう(一護でも良かったけど)。姫抱きがカッコいい~。
健気なリリンもかわいいです。危機の度に「一護―――!!」って叫ぶのもかわいい。
ズタボロになりつつもルキアを心配して一護を信頼してる。微笑ましいです。

提供バックは一角でした。

ラヂオ 花宵ロマネスク

ラヂオ 花宵ロマネスク 第19回 ゲスト:諏訪部順一

風呂上りのおまえのせいでレポートに集中できないだろっ!
という内容のモノローグで始まりました。
風呂上りに聴いていたのでちょっとドキドキ。

諏訪部さんのお声は好きなのですがトークはいまひとつ。
二人はとっても楽しそうなのでそれはそれでいいんだけど
リスナー置いてきぼりな感があります。

今回の聴きどころもプチロマ劇場。
前回桔梗に騙されていたことに気づき詰め寄るすぅちゃん。
しかしあっさり騙し返されます。それでこそすぅちゃんです。
すっかり桔梗の手の平です。真っ黒黒の桔梗に太刀打ちできるわけがありません。
その天然っぷりが大好きだー。

途中CMで保志ボイス(ともゑ)が聞こえてきてびっくり。
ドラマCD第3弾発売まで6種のCMが流れるようです。楽しみ。
今週は心待ちにしていたイベントDVDの発売だったのですが・・・。
一部音声不具合により8月29日に延期されました。待ち遠しい。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 19話 ロベリア女学院の逆襲

ヅカ部にはあんまり興味がないのでお話としては普通かな。
殿や双子や蘭花さんが言うように、ハルヒの大根っぷりが最高でした。
画面の構成が面白い。同じ台詞しか言わないからくり人形もどきのハルヒに
吹き出しみたいな形でコメントするホスト部面々がすごくかわいい。
枠から身を乗り出したりするチビキャラがラブリーです。
後は相変わらずクールでマイペースな鏡夜とか。
コメディとしてはやっぱりよく出来てるなと思いました。

次回はまた双子のお話っぽいので楽しみ~。


.hack//Roots 18 Limit

しばらく見ないうちにますます話がわからなく・・・。
ハセヲがずっと三白眼で怖い。
ラストでは獣っぽくなってましたけど。尻尾とかあったような・・・。
キャラクターが薄いような気がします。誰にも感情移入できない。
感想が三点リーダだらけになりそうですが、ハセヲの行く末は見たい気もする。

サウンドトラック

サントラが好きです。

とにかくヘビロテしたのがPCゲーム「ヤミと帽子と本の旅人」初回特典サントラCD。
あまり知られていないかもしれないけど、このサントラ絶品です。
ケルテックっぽい弦楽器を主とした曲なんだけど和楽器も使ってて
オリエンタルっぽかったり宗教音楽っぽかったりします。癒し系。
自分の言葉では表現しきれないのが悲しい・・・。

次点は梶浦由記のゼノサーガ・エピソード?。
アニメは今ひとつピンとこなかったけどサントラは良かった~。
梶浦さんは「fiction」もかなり好き。独特の切ない音色が胸に迫ります。

それから幻想水滸伝のサントラ。幻水のサントラはどれもいいけど
幻想水滸外伝と幻想水滸伝?のオープニングが特に好き。
外伝のオープニング「Current」はおススメです。ムービーも超美麗。

そして前述している「花帰葬」。

サントラの中でもゲーム系が多いな・・・。
ゲームはあんまり得意じゃないので、つい音楽に気をとられるのかもしれません。
詩の入ってない曲はリラックス効果が高いような気がします。

BLEACH

BLEACH 92

一護とルキアのツーショットにいちいち突っかかるリリンがプリティ。
リリンは鳥バージョンだと言動がやたらと可愛く感じます。
毎度「面倒ごとは大好きだ」と言い切る空鶴さんがステキ。

全員別行動になってしまったので、また展開に時間かかるのかな。
パワーアップしたバウントさんに対抗する術はあるのでしょうか。
今日はシロちゃんがそれなりにしゃべったので良しとしよう。

ゴールデンの恋次、報われない人だ・・・。
提供バックは柚子と花梨でした。

東京騎士王国(東京ナイトキングダム)

出演者が多くて一人分の台詞が少ないんじゃないかと迷っていたのですが
今月、続編が発売されるので聞いてみました。RPGの中にまぎれ込んでしまい
パーティを組んでダンジョンを探索するお話です。
(注:BLではありませんが、限りなくBL寄りです。)

東京騎士王国(東京ナイトキングダム)/ランティス(原作:南原 兼)

<キャスト>
 天河未来:岸尾大輔 天河飛鳥:鈴村健一 北条 紫:杉田智和 東雲 紅:千葉進歩
 南 黒須:子安武人 西賀 雪:緑川 光
 フェレウス他:小西克幸 レオニード他:平川大輔 レッド・カップ他:森川智之


豪華なキャステイングを楽しむCD。人気声優さん揃い踏みですよ。
鈴はセイントビーストのマヤに近い声でオカルト大好きのやんちゃ系。
岸尾くんはいつものかわいらしい感じですがツッコミ担当でもあり。
杉はちょっと作った感じです。千葉さんはまほデミーのマリアな感じだけど番長。
子安さんと緑川さんはユニットで歌ってます。いつものフェロモン系とオレ様系。
モリモリ、小西さん、平川さんは兼役でいろいろやってます。
モリモリのレッド・カップは魔法書で落ち着いた硬い声。小西さんは怪しくて裏がありそう。
平川さんはRPGの「~を手に入れた」とか「レベルがアップした」とかの
定番機械音声を担当してます。単調な淡々とした声が何か好き。癒されるのかも。
一人の担当分は少ないですが声フェチとしてはかなり満足でした。

お話は可もなく不可もなく。まほデミーシリーズが好きなので自分は結構楽しめました。
まだプロローグをクリアしたところなのでこれからが本番らしい。
続きも聞いてみたいかも・・・。

私的おすすめ度は〇。

ガンダムSEED DESTENY スペシャルエディション?

ガンダムSEED DESTENY スペシャルエディション? それぞれの剣

声優さんへの思い入れが違うだけで、こんなにもキャラの印象が変わるものかとオドロキです。
リアルタイムではキラ様至上主義からアスランLOVEへと移行したのですが
鈴村祭り開催中の身としてはどうしたってシン・アスカだよね。
ちっとも魅力を感じなかったシンなのに可愛いったらありゃしない。
スティングはべーさんだしアウルは一護だよー。
一挙手一投足に注目してしまいます。(根本的にアニメの見方を間違ってます)
もうこうなるとストーリーなんて問題じゃないね。ブラボーSEED、キャラ萌えバンザイ。

いやー総集編っていいね。サクサク行くから気持ちいい。
ちゃんとアスラン視点になってるし台詞を追加修正して上手くつなげてある。
平井さんの新作カットがけっこうあって幸せ。しょっぱなからマリューさん美人でした。
アスランがフェイスとしてミネルバに初乗艦した時のシンの敬礼場面は
カットが追加されててカワイイです。天使湯のキラの横顔とかキララクシーンの大幅追加とか。
絵的にも満足だけど、テキストもわかりやすくなってたような気がします。

フリーダム最強だ~。神的な強さプラスカッコよさ。
総集編でも絶対カットされない主役っぷり。久々に聞いたミーティアもいいなー。
キラ様は相変わらず麗しいし・・・ウットリ。面白かったです~。

?より面白いんじゃ・・・と思ったのでこれから?を見返してみようかと思います。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 18話 チカ君のハニー打倒宣言

モリ先輩がたくさんしゃべってくれました。かなりめずらしい。
推測はハズレてましたがハニー先輩を見守るモリ先輩はしゃべらなくても魅力的です。
チカ君の言い分には一理あると思う。
ショタ系にはあんまり興味がないのでユニゾンでしゃべる双子ばかり見てました。
チカ君の今後に期待。

Cheese! 9月号付録CD

小学館Cheese!9月号の付録ドラマCD。
鈴がキャスティングされてるから買ってみた。
とは言ってもCheese!ってどんなん?ターゲットはどこらへん?
全プレもあるので試しに聞いてみました。

SEX=LOVE2/新條まゆ

<キャスト> 久美子:山本麻里安 涼:子安武人 皆人:鈴村健一

いやー、最近のお嬢様方はこんなん読んでるんですか。
これ18禁じゃないよね。少女コミックの世界も進んでるんですね。
ま、年寄りくさいコメントは置いときましょう。

さてドラマCDは、コミックス1巻冒頭のショートストーリーで17分くらい。
メインカプは久美子と涼なので皆人の出番は少なめ。
涼は囁きがエロいいつもの子安さんです。皆人は久美子にちょっかいを出すプレイボーイ。
鈴はちょっと悪っぽいクールな声。ああ表現が下手でゴメンナサイ。
トリブラのディートリッヒに近い声なので私的には好み。
台詞少なめでも満足できる声でした。何度もリピートしちゃったよ。
ドラマCDで女性の喘ぎ声は初めて聞きました。18禁乙女ゲーっぽいです。
もう少し鈴の皆人を聞きたいので全プレ応募してみようかな。
全体的に声の雰囲気は絵に合っていてイメージ通りでした。

BLEACH

BLEACH 91

今日の作画は良かった。単に好みとも言う。
一護の卍解。あのスタイル好きです。
わーい!雨竜くん復活。クインシーの装束よりイケてると思うよ。
バウントの目的は尸魂界の殲滅。
雨竜くんヘタれてるけど、現世&死神'sチームワークいいな~。
尸魂界は先客万来で大騒ぎになりそうですね。
ま、死神さんが活躍してくれると華やかになるので楽しみではあります。

ゴールデンのシロちゃんと乱菊さん。
いつ見ても漫才みたいなテンションのズレがいいですね。

提供バックにギンきました。えっらいオトコマエ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。