風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 第26話 これが俺たちの桜蘭祭

ベタな展開だろうが何だろうがドキドキもワクワクもいっぱい詰まった最終回でした。

環が桜蘭祭の終了とともに日本を発つと知り引き止めようと躍起になる面々。
この日のために武道の達人という設定をしたのか?と思うくらい強いハニー&モリ。
光も馨もがんばった。鏡夜はヘタれてたけど買収阻止で株を上げた。
ハルヒが馬車を駆る場面はBGMとも相まってドキドキ。
ホスト部が好きだというみんなの気持ちが一つになりました。

環がいたからホスト部があるんだよ。

母に会いたい気持ちよりも仲間と一緒に過ごすことを選んだ環。
環のことを知っててちゃんと好きだったエクレール。
厳しさだけを見せながら心では子供たちを理解して評価もしていた父たち。
そして・・・仲間を信頼して必要としている部員たち。
感動ポイントいっぱいです。

鏡夜はハルヒに対する特別な気持ちを自覚したっぽいですね。
父たちによるハルヒ争奪戦「うちの嫁に!」も始まりました。

笑いあり涙もあってとても良くできた作品だと思います。楽しかった~。
アニメは終わってしまったけれど原作は続いているから期待していいよね。
また会えるのを楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト

Webラジオいろいろ

アニメイトTVで彩雲国物語のWebラジオが始まりました。
原作は既読。アニメは映らないため未試聴。
小説は構成がしっかりしていて面白いけどやはりティーンズ向けかな。
未来に対して夢や希望を持つ世代がターゲットだから
どんなに苦境でも必ず理解者が現れる。
あまりにも理不尽な世の中を知ってしまった大人には
その夢物語が時々切なかったりもする。
パーソナリティは緑川さんと関智さん。
アニメが見られない分ラジオで楽しみたいなと思っています。

それから音泉でTOKKOのWebラジオも始まるようです。
パーソナリティは鈴と高木渉さん。この組み合わせって珍しい。
アニメは見てませんがこれも楽しみ。

Webラジオ増えてるな~。
いつでも聞けるのが便利だけど便利さ故に聞き逃すこともしばしば。
忘れないようにメモメモ・・・。


pinoカフェラテ(期間限定)を初めて食べました。
大人っぽいパッケージとコーヒーの香りがいい。
たまには違う味もいいですね。
季節に合わせてイチゴとか栗とか出してくれると嬉しいな。

次の日ケロリ

次の日ケロリ くったりぬいぐるみ

サンエックスより発売されているキャラグッズのぬいぐるみ。
とっても間抜けな顔のカエルです。初めは変な顔だと思ってたけど
毎日見ているうちに愛着が沸いてきた。
職場のデスクに置いてみるとかなりイイ感じ。和みます。
手触りがいいので手放せなくなる。
家にも欲しくなって姿勢の違うものを購入。見るだけで顔がゆるみます。
いくつかサイズがあって価格もお手ごろ。
色はケロリ前の緑とケロリ後の白の2種類。
ケロリとすると白くなるという設定らしい。
ぬいぐるみの他に文具などがあってどれもかわいいです。
ケロリとできない疲れたあなたにおススメ。

あなたを愛の楽園へご招待!

鈴がゲスト出演しているので見てみようかなと思ったDVDです。

ライブパステルコレクション2006/インターコミュニケーションズ

届くまでに時間がかかり過ぎてテンション下がりぎみだったけど見て良かった。
とぉーーーっても楽しかったです。

昼の部と夜の部の2枚組みで1枚約100分程度。見ごたえあります。
構成は2005とほぼ同じ。欲を言えば夜の部にもフリートークを収録して欲しかったかな。
今回は昼も夜も同じゲストなので一人一人の出番がしっかりあって満足度高し。
いろんな顔をたくさん見ることができます。

客席から一人ずつ登場するBL探偵団は必見。
「あなたを愛の楽園へご招待!」って何事?と思ったら
ラブパラダイス鈴村のきめ台詞でした。いいよ鈴!君は最高だ。

鈴は服装も髪型も笑顔もしゃべりも大変グッド。
この時の髪型ふわふわしててすっごい似合ってるよね。
もう超かわいい!!(ここにバカがいます)
ダイサクくんも面白かった。シッポがかわいいっす。
神谷さんと鈴って同い年らしく仲良さ気でした。
ダイサクくんとトリさんはスターメンな方々だし若手チームは和気あいあい。
賢雄さんの壊れっぷりは前回よりも増してて、会場よりも出演者にウケてた。
近くで見るとスゴイらしい。

小杉さんは出演してないのにビデオメッセージで笑いをかっさらいました。
初登場のインタくんに声をあててますが、ほんっとに笑えます。
夜中にもかかわらず爆笑してしまいました。

朗読とセリフ大連発で噛み噛みな鈴も可愛かったよ。(ただの欲目です)

めちゃめちゃ楽しかったので「ライブパスコレ2003」も欲しくなってきた。
成田さんの暴走がスゴイらしいし。あぁこうやって日々諭吉が飛んでゆく・・・。

ラヂオ 花宵ロマネスク

ラヂオ 花宵ロマネスク 第22回 ゲスト:平田広明

平田さん初登場です。緊張気味なのかちょっとトークが硬いかな。
共通の知人「パッピー」で盛り上がるお二人。
居ても居なくてもいじられキャラの保志くん。そんなあなたが大好きだ。
保志くんって愛玩動物並みに世の中に癒しを提供してるような気がする。

プチロマ劇場はお休み。
代わりに正体のバレてしまった「なでしこ先生」が転勤という悲しい?お知らせが。

今回の目玉は「花宵ロマネスク公開録音決定」です。
11月予定、次回の配信で詳細が発表されるとか。
い、行きたい。パーソナリティは鈴だし何が何でも行きたい。
何とか参加できるように毎日何かに祈りたいと思います。

次回はゲストなしのソロマネスク。鈴がんばれ~!

日々徒然

「電車男デラックス~最後の聖戦~」を見ました。
ありえない設定と展開だけどそのベタさ加減が楽しい。
人が人を想う気持ちがストレートに描かれているところが魅力。
ちょっと涙ぐんで自然にあったかい気持ちになれるそんなドラマだと思います。

ドラマを見たい気分にされてくれるオープニングの音楽も好き。
ミーナも可愛くて好き。来年アニメ化?されるようなので楽しみです。


某通販で予約していたパスコレ2006ようやく届きました。
発売日を過ぎても音沙汰ないし永遠に発送されないような気がしてたけど
突然発送メールがきました。
うーん・・・ここらへんのシステムはもう少しお客様に親切にできないものか。
いつごろ発送できるとかアナウンスしたほうがいいと思うよ。
届かないならそれでもいっか、ぐらいに思ってたけど買ってよかったよ。
鈴ファンの方々は迷わず購入をおススメします。感想はまた後日。


このところ話題のjoyについて。
お芝居にはあまり興味がないのですがそんな自分が見ても残念な出来事。
櫻井さんの今後の活動に影響がでないことを願うばかりです。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 第25話 ホスト部解散宣言

あと1回を残して環の内面に迫るかなりシリアスな展開となりました。
あの生い立ちでどうやったらハイテンション&天然な環が育つのか・・・。

今回の環は環らしくないな~。なんで急にそんなにネガティブ?
環父も鏡夜父もなぁ・・・。ハルヒ父みたいに子供への愛情が感じられない。
感じられないだけで愛情はあるんだろうけど
表現しないことには伝わらないと思うよ。たとえ家族でも。
環父なんて実際はババ様に権力握られてるらしいし
鏡夜父に至っては心にアソビがカケラもない。
子供たちのほうが精神的に大人ってどうよ・・・。

エクレールに対してちょっとヤキモチなハルヒが救いでした。
まさかこのまま解散なんてことにはならないだろうけど
あと1回ハッピーに終わって欲しいものです。

君の体温、僕の心音

君の体温、僕の心音(右手にメス左手に花束2)/サイバーフェイズ(原作:椹野道流)

<キャスト>  江南耕介(置鮎龍太郎)×永福篤臣(鈴村健一)

男女の恋愛によくある転勤(留学)のお話。
一緒に行く?行かない?「あなたならどうする?」なお話です。
椹野さんの小説は読みやすくて構成もしっかりしてて好きなんですよ。
だからねお話はいいはずなんです。だけど・・・でも・・・こっぱずかしいんだよ!!
文章だと平気なのに音になるとどうしてあんなに恥ずかしいんだろ。
じっとしてられないムズがゆさを感じました。

鈴はしっかり成年男子の声だけど、妙に乙女。オッキーは正統派男前。
だもんで、ちょっと芝居がかって聞こえてしまう。
「右手にメス、左手に花束」は月9っぽいということだったけど、これは昼メロな感じ。
この先はどこへ行き着くのか・・・。

一応バカップルなんだけどカラミは少なめ。メス花よりは糖度が増してます。
全編通して恥ずかしかったのであんまりHシーンが印象に残ってない。

続きは・・・聞かないかもしれない。

私的おすすめ度は〇。

BLEACH

BLEACH 97

登場人物も場面転換もたくさんあって動きのある回でした。
人が動いて画も動いてくれるとアニメってやっぱり楽しいですね。
シロちゃん、隊長らしくしてるとカッコいいね~。いや、いつもカッコ可愛いけどさ。
あんなちっちゃいのにちゃんと隊長に見える。男前でした。
一護とリリンのペアはかわいいなぁ。肩に乗ってるリリンが羨ましい。

ヨシノは蘭島さんのコピーだったようで。そっくりなわけだよ。
雨竜くんの装具の件やら蘭島さんの後始末やら剣八VS一之瀬やら
バウント編のラストへ向けていろいろ種は撒かれたようなので
期待して見守りたいと思います。

オープニングのラストカットは崩玉?を持った藍染さまでございました。
呼び捨てしたら祟られそうなほどの悪役っぷりでございます。

誰かに似た人

日記に書こうと思いつつすっかり忘れておりました。
もしかしてファンの方の間では既に周知のネタかもしれません。

先日DVDレコーダーを見にヨドバシカメラに行ったときのこと。
そこには櫻井さんに激似の店員さんがいたんです。
顔や脊格好はもちろん、声も話し方もリアクションも似てて
もしかして本人なんじゃないかと疑うほど。
もう気になって気になってずっと顔見ちゃったよ。
思わず「櫻井さんに似てるって言われませんか?」と
聞きそうになったけど、こんなところでヲタを暴露してどうする
と思いとどまりました。口が滑らなくて良かったよ。

ただの下見だったのに予想外に楽しい時間でした。
買わなくてゴメンよ兄ちゃん。

駆け引きのレシピ

駆け引きのレシピ/インターコミュニケーションズ(原作:和泉 桂)

<キャスト>  藍原雅人(神谷浩史)×高橋若菜(鈴村健一)

カフェの経営をめざす若菜とバイト先のお客である雅人。
新しいバイト先を斡旋してくれた雅人の条件は偽装恋人になること。
割り切っていたつもりが次第に惹かれあって・・・。

うーん。とっても普通でした。特に感想がないくらい普通。
お話も声もフツウ。鈴の声は可愛くなりきれない子供系。
鈴のこのトーンは結構苦手だったりする。「花色バージンソイル」が同じような印象でした。
もっとクールな大人声かめっちゃ可愛い系が好きです。
たとえば、可愛い系では「可愛いひと」の篠田、「セイントビースト」のマヤ
クール系では「ブレックファーストクラブ」の三木、「花宵ロマネスク」の菫
トリブラのディートリッヒあたりが激しく好み。
神谷さんの声はいつもおんなじ感じに聞こえるんだけど今回は特に平らな印象。

カラミは割といいです。1.5回ぐらいかな。二人とも色っぽいし、特に鈴は色気倍増してます。

お話は大きな盛り上がりもなくサラッと聞けてしまって後に残らない。
決して悪くはないのですが印象の薄い作品でした。

私的おすすめ度は〇。

小説家は懺悔する

小説家は懺悔する/ムービック(原作:菱沢九月)

<キャスト>  佐々原脩司(森川智之)× 松永 律(武内 健)

小説家と料理人のお話。レストランのオーナー兼恋人に夜逃げされた律が
友人の紹介で小説家である脩司の賄いをすることになり・・・。

しっとりとした雰囲気で思った以上に気に入りました。
芝居がかってない演技と台詞がいい。
モリモリはぶっきらぼうで低めのトーン。自分的に一番好きなモリモリです。
甘い台詞を言ってるわけじゃないのにドキドキする。
武内さんは高めのハスキーボイスだけどちゃんと大人の声。
カラミは3回ぐらい。武内さんのカラミは初聞きでしたがかなり色っぽいです。
二人とも声は抑え気味なのに気持ちが抑えられない感じが伝わってきました。
オレ様な脩司が律に甘えるシーンは必聴。

二人に絡む兄弟、匡史と克己に千葉一伸さんとトリさん。
克己はとにかく律に対して甘々。匡史は優しい印象とは裏腹に食えない感じ。
余談だけど一伸さんの声は大好き。もっといろんな作品でたくさんしゃべってくれたらな
といつも思ってます。今回は比較的たくさん声が聞けてちょっと嬉しかった。

二人とも重い過去を持っていますが重くなりすぎず良くまとまっていたと思います。
シリアスすぎるお話は苦手なので自分的には甘さも渋さもちょうど良かった。
原作では続きも出ているのでぜひまたCD化して欲しいです。

私的おススメ度は◎。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 第24話 そして鏡夜は出会った

鏡夜と環の出会いからホスト部の立ち上げまでのお話。
二人の出会いをじっくりと描いたとても丁寧なシナリオ。
鏡夜は中等部からあんまり変わってないのね。
人を見抜く自信と見抜かれない自信を見事に殿に砕かれました。
環はね~確かにバカなんだけど妙に鋭いところがあるんだな~。
物事の本質を見抜く力みたいなものを持ってる。
反応が読めずに対応に困る鏡夜とマイペースで鏡夜を振り回す殿の会話が笑えました。
喜びの表現が一々過剰な殿。
殿が相手だとポーカーフェイスに徹しきれない鏡夜がちょっとラブリー。
全編ギャグテイストで進むのにどこかにシリアスが隠れてる感じ。
鏡夜のお姉さまがまたいい味を出してました。まったり系。

登場人物がほぼ二人なので少しサビシイ感じも。
双子に会えないとやっぱり物足りない・・・。

BLEACH

BLEACH 96

蘭島さん登場。ヨシノと同じ顔なのは何かの伏線か。
展開としては悪くないのにちっとも心が躍らない。
せっかくのバトルシーンもあんまり迫力感じないし・・・。

一番おもしろかったのが死神図鑑ゴールデン。
お土産のブラシを喜ぶ狛村隊長と満足げな修平。
すこーしピントがズレてる気がする二人がかわいいです。

提供バックのカットはぜんぜん知らないキャラでした。

秋の新作アニメ

10月からの新作アニメ。
あまりにも数が多くて選別できないのでニュータイプを買ってみた。
付録の「秋の新作アニメ・パーフェクトブック」に頼ってみる。

反逆のルルーシュ
マージナルプリンス
金色のコルダ
銀色のオリンシス
D.Gray-man
DEATH NOTE
いろはにほへと(GyaO)

多いな・・・。毎週見るのは結構大変。
この中で最後まで見続けるのはきっと2~3本。

平井さんの画、大好きなのでオリンシスに期待。
鈴が主演するものがあればもっと気合入ったのになぁ。

花帰葬 epilogue -夢を視る化石-

花帰葬 epilogue -夢を視る化石-

<キャスト> 黒鷹:井上和彦 白梟:篠原恵美 研究者:大川透 時雨:関俊彦
玄冬:三木眞一郎 花白・初代救世主:斎賀みつき 銀朱:伊藤健太郎 文官:遊佐浩二


えー、ドラマCDなんですがマルチエンディングです。
ゲームのエンディングのいくつかを黒鷹と研究者が振り返るというもの。
ゲームをプレイしてない人にはさっぱり??なのでは。
ベストエンドの続きだと勝手に思ってたから肩透かしでした。
ゲームのシナリオと似たり寄ったりで目新しさはないな。
おまけ部分の円周率やジュゲムの寝言はファンには嬉しいのでしょうか。
自分的にはあまり魅力を感じませんでした。
タイピングゲームのドラマCDも発売されるようですが
グラフィックの無いCDはもういいかなと思ってます。

私的おすすめ度は△。


先日からコツコツ購入中の花帰葬トレカ。
カブりが多くてコンプは遠そうですがPCを立ち上げなくても美麗な絵を
見ることができるので嬉しい限りです。黒鷹とSPだけはコンプしたいので
もうしばらく買い続けることになりそう。
フルカラーのビジュアルブックとか出してくれるといいのにな~。

ラヂオ 花宵ロマネスク

ラヂオ 花宵ロマネスク 第21回 ゲスト:緑川 光

次・・・、だから次はいつ会えるかって聞いてるんだ
俺は別にいつでもいいけど・・・でも・・・早いほうがいいだろ?お前も

はっ、早いほうがいいです。えぇもう毎日でも会いたいです。

「はいごきげんよう。鈴村健一です。」ってが可愛い!

緑川さんの異様なテンションに引きずられる鈴。
花宵の雰囲気とはかけ離れてますが笑いが止まらない。
「このまま行きますと死にますよ俺たち」というほどのテンション。
花宵開始一周年ですって。おめでとう。
そして・・・、 鈴 ちょっぴり早いけどお誕生日おめでとう
生まれてきてくれてありがとう。
犬用ケーキを食べて絶句しているあなたがたまらなく愛しいです。

ドラマCDのCMは初聞きの紫陽@平田さん。
「うわっ!」って感じです。台詞も雰囲気も声も「うわっ」です。
あぁ危険だ・・・ドキドキ。かなり危ない感じです。あんまりイタくならないでね。

プチロマ劇場は綾芽と菫。
大っきらいな綾芽の作った恐竜の骨格模型にかぶりつきの菫。
評価が終わったらゴミだからお前にやると言われ
綾芽は最低だけど骨格模型は最高だとご満悦。
単純すぎて複雑な菫。綾芽にはバレバレです。

永久保存版にしたいくらい楽しい回でした。
トイズwalkerさん、ラヂオCD出して下さい。お願いします。

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部 第23話 環の無自覚な憂鬱

ギャグな殿のバージョンがいろいろ楽しめる今回。
とってもおもしろかったデス。つくづく脚本が上手いなーと。
笠野田くんにハルヒが女性だとバレてしまいました。
男だと思いつつもハルヒに想いを寄せていたカサノダくん。
女性だとわかって行け行けゴーゴーなわけですが
女性であることを隠している以上、出来上がるのは

男×男 の 図なわけで・・・。この辺の描写が巧みだなと思います。

腐女子な皆さまには大変好評だけど、気が気でない双子がまたおもしろい。
魂の抜けた殿のロボットバージョンは素で笑える。知恵の輪だよ。
「それは話し合いではなくあきらかに脅迫」な鏡夜もいい。

殿のハルヒに対する恋心は無自覚だったのか。
しかも未だに気づかないって・・・。バカだ・・・。馨の読みもハズレ。
そして、核心を突くハニー先輩の台詞。
発展途上の光と無自覚が隠れている馨と鏡夜。
これでようやくハルヒを巡るそれぞれの立ち位置がわかってきました。
もしかすると一歩リードは光なのか。他はみんな無自覚だもんなぁ。

たくさん笑えてお話の展開も充実しててとても楽しめました。

BLEACH

BLEACH 95
先週お休みだったので一護のこれまでのあらすじ紹介から始まりました。
今回は特に感想ないなー。戦いだけだったし・・・。
簡単に斬られたり倒れたりしない兄さまはそれなりに強いのね。
唐突な気もするけど兄さまも一護も出し惜しみせずに卍解してくれたので
見どころはあります。

提供バックは水色と啓吾でした。

ライブパステルコレクション 2005

ライブパステルコレクション 2005

予約中のパスコレ2006発送される気配もないので2005の感想などを。
パスコレには参加したことないしDVDを見るのも初めて。
一言で言うと「最高!!」。もうむっちゃ面白い。
小杉さんがおかしすぎる~。やることなすことヘン。
計算されたケンユウさんVS天然の小杉さん。
そこいらの芸人さんよりも笑いをとることに賭けてます。捨て身のお二人に拍手!
森久保くんもヘン、でも面白い。マントを着てご登場です。
そして初登場の遊佐さん。あまりのカッコよさに鳥肌がたった。
コーナーもたくさんあるし構成もいい。
繰り返して見ても飽きないくらい楽しさがいっぱいつまってます。
2006はゲストの鈴が楽しみではありますが
2005の楽しさには及ばないのではないかと思ったり。
まぁいつ届くのかもしくは入手できないのかわかりませんが
気長に待ってみようと思います。

学園アリス サウンドトラック

お目当ては鈴の歌う2曲のみなのでサラッと。

学園アリス サウンドトラック/アニプレックス

Voice:毛利玲生(鈴村健一)

LAZY LOVE GUILTY LOVEVenus の2曲が収録されています。
アリス学園のOBで世界的アイドル毛利玲生が歌うというだけあって
凝った作りの曲です。複雑なメロディ。
音楽のジャンルはよくわからないけどロック・・・だと思う。
唄うの大変だったろうな~。歌詞は謎かけみたいで色っぽくもあり。
声はイイよ。高すぎず低すぎず色気もあって。
自分的にはまあ好みです。が、短い・・・。故に聞き応えが無い。
そんなこと言いながらヘビロテしそうな気配。

このCDジャケットのデザインがシンプルで可愛い。とっても好み。
サントラ部分もわりと軽快な感じでシンプルなメロディなので耳に障らない。
BGMとして重宝しそうです。全体としてはそれなりに満足。

君に逢いし刻

ホントに本当にほ・ん・と・う・に楽しみにしていたイベントDVD。

花宵ロマネスク 君に逢いし刻 2006

<出演> 緑川光 鈴村健一 保志総一朗 諏訪部順一 遊佐浩二

好き声優さん揃い踏みで目移りしすぎて集中できないくらい。
イベントは1回きりだけどDVDは繰り返し見られるところが〇。
全員黒いスーツ姿。みんな似合ってるし個性に合わせて着こなしています。

鈴、可愛いよ。カッコイイよ。あーもう言葉にならない。
ふわっふわの髪型が超ラブリー。自称No.1ホストだそうです。
生アフレコではトーン低めで菫そのままの表情にトキメキ。
天然おとぼけなところもカワイイ。菫も鈴も大好き。
遊佐さんのスーツ姿はいつ見てもすばらしい。
肩幅とか胸板とかが理想的な形なんだと思う。
遊佐さんには葵というキャラがほんとに似合ってると思う。
自分でイケメン理事長とか言っちゃうし。
エロくてあやしい。大人な魅力満載です。
保志くんは相変わらず不思議ワールド炸裂です。
昼の部と夜の部の相違点についてみんなが「夜の薫り」
と言ってるのに「若干疲れ気味」とか普通言わないよ。
諏訪部さんはあまりにも絵がお上手でびっくり。
緑川さん、胸キュン先生が犬って・・・。
何だかみんなそれぞれにコアな人たちなんだなーと思ったり。

昼の部と夜の部の2枚組でDVDとしてのボリュームはたっぷり。
すっごく楽しかったんだけどイベントとしてはやや物足りない感じも。
実際の時間はもっと長かったんだろうか・・・。

またイベントがあるとしたら何がなんでも参加したい。
トイズウォーカーさん、ぜひよろしくお願いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。