風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬に

2006年も残すところあとわずかとなりました。
お休みは有限だし駆け足で感想などを。

テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー
-ドラマチックDVD レモングミ編-

えーこれはPSPソフトです。PSP本体は持っておりません。
オマケDVDだけが目当てで購入しました。(バカです)
チャットドラマのキャストが
彰・小西・鈴・ひーちゃん・ちーちゃん・子安・小野坂ですよ。
これは声フェチとしては垂涎ものではないかと。
キャストコメントもあるしオマケとしては十分楽しめます。
チャットドラマではみなさまキャラを維持してて
ゲームそのものにも興味が持てる内容になってます。
レジェンディアとファンタジアは買いたくなったし
販促物としてはかなり優秀。
オマケDVDだけが目当てで買うのはどうかと思いますが・・・。
そのうちPSP本体を買うことになるでしょう。
ソフト買ったからにはやっぱりやりたくなるのが人情です。

飛び出せスウィートイグニッション The Motion Picture
発売日に入手してずっと見られなかったDVD。
桃を求めて岡山にやってきた岩田さんと鈴。
桃のシーズンはお終いとのことで目的は数分で果たされ
急遽、鈴のルーツを探る旅となりました。
7歳まで住んでたことがあるそうで
当時の家や学校を記憶を頼りに探します。
ありがとう、ありがとう。製作者様に感謝いたします。
鈴のプライベートにここまで接近した映像を商品化してくれるなんて。
とても楽しかったし心があったかくなりました。
鈴が好きで良かった。
人を幸せにする暖かさを持っている太陽のようだと思います。

DOLLS 3巻(ZERO-SUM COMICS)
ドラマCDに鈴が出演してるので注目してる作品。
3巻では少しだけ笑太の過去が描かれました。
このキャラめちゃめちゃ好きなんで鈴が演じてくれてとても嬉しい。
やっぱり笑太大好きだ~。羽沙希@櫻井さんもいいし。
まだ1巻しかCD化されてないけど続きもよろしくお願いしたい。

ラ・プリンスの誘惑に負けてフルハウスキス始めてしまいました。
乙女ゲーなるものは遥かなる時空の中で(PS版)以来2つ目でございます。
しばらくは脳みそウニ状態が続くかと思われます。

*********************************************************

ブログを始めて半年となりました。
続けてこれたのはひとえに見に来て下さる皆様と
愛しい声をお持ちの皆様のおかげと思っております。
本当にありがとうございました。
これからもひっそりと地道に綴って参りますので
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

最初が最強

フルキスのシングル3枚を聞きました。

薔薇ラビリンス/ラ・プリンス(荻原秀樹・佐々木望・櫻井孝宏・成瀬誠)
キャラソンらしいメロディアスな曲。
少年隊の仮面舞踏会っぽいしタキ翼っぽくもある。
吐息というか溜息が上手に使われてます。
聞きやすいので結構好き。

流星気分/羽倉浅生(櫻井孝宏)
思ったより爽やかでした。
羽倉らしいストレートな曲だと思う。
ゲームは未プレイだから想像ですが・・・。
ソロシングルにはモノローグが3編収録されてます。
これね二つ目のモノローグがかなりヤバイですよ。
元気で乱暴な口調が途中から囁き系に・・・。
ちょっと心拍上がりました。(ドキドキ)

星影夜想曲/一宮瀬伊(成瀬誠)
曲はアンニュイな感じ。
ちょっと覚えにくいかなぁ。
こちらもモノローグが良かったです。
二面性があってミステリアスでちょっと危険な感じ。
成瀬さんは自分的にかなり大穴でした。
プリーティアのキャラソンも良かったし
他の作品も真面目にチェックしてみよう。

これで購入した5枚全部聞いたわけですが
気に入り度合いは
薔薇PILGRIM
熱情DISTANCE
薔薇ラビリンス
流星気分
星影夜想曲
と、まんま聞いた順になりました。

薔薇PILGRIMのインパクトが強烈だったので
他の曲も同じような調子だったら心臓がもたないし
ある意味これで良かったのかも。

正直ソロシングルの歌はいまひとつな感があったけど
その分モノローグが良かったり商品としてしっかりできてるなと感心。

歌ってもしゃべっても櫻井さんの声いいな~。
艶というか張りというかブレない感じがする。
もうホント大好きだ~。
来年もたくさん声が聞けますように。

睡魔に誘われて

本日でようやく仕事納めとなりました。
精神的にハードで長く感じた一年。
明日からの貴重な5連休。

CD聞きたい。
ゲームもしたい。
アニメも見たい。
ブログも更新したい。

でもとにかく寝たい!

ということで、おやすみなさい。

明日はプチロマ劇場が届くし、また積みCDが増える・・・。

ヘルプ!ミー

誰かタスケテ下さい。
溺死寸前でございます。
吐息に溺れるとはまさにこのこと。
薔薇PILGRIMのせいで他のものを聞く態勢になれない・・・。

ラ・プリンスより前に2つアルバムを購入。
新白雪姫伝説プリーティア サントラ2 と
学園ヘヴン SONG MVP

プリーティアはかなり好みでした。
アダルティでスタイリッシュな感じだしキャラ絵もいい。
リーフレットのキャストコメントもグッド。
あ~いい買い物したなと満足度も高く。
ヘヴンは一度流して聞いただけでまだ何とも。
で、その直後にラ・プリンスですよ。
すべてをかっさらいました。
好きとか嫌いとかそんなの超越するぐらいのインパクト。
インパクトって重要なのね・・・。
フルキスはシングルがあと3枚残ってるんだけど
少し気持ちの余裕ができてから聞くことになりそう。

最近見聞きしたものは以下の通り。
見事に全部鈴関係だけど、密かに櫻井祭りも開催中デス。

テイルズオブザワールド 限定特典DVD レモングミ編
飛び出せスウィートイグニッション The Motion Picture
ラヂオ 花宵ロマネスク(ゲスト:遊佐浩二)
超人タイツ ジャイアント(本日更新されてしまった・・・)
DOLLS 3巻

いずれも一言感想を述べたいところなんだけど
現在脳みそウニ状態なのでまた改めて。
興味のある方は気長に待ってやって下さい。

やめられないとまらない

昨日からやめられない薔薇PILGRIM
寝ても覚めても櫻井さんの吐息まみれですよ。
脳みそグズグズ。視界が紫。
それでもどうにかもう1曲聞いてみた。

熱情DISTANCE/羽倉浅生(櫻井孝宏)

うぎゃー!吐息の不意打ち。
ゆ、油断した。
だって吐息なんか関係なさそうな曲なんだもん。
つーか最後の“チュバっ”って!?
“チュバっ”って何ですか!? げふっ(吐血)
あんなリアルで露骨な音、聞いたことないよっ。
どうやって出してるのか想像するだけで鼻血モン。
いや~ん、夢に見そう。うなされそう。
こんなんであと数日働けるんだろうか自分・・・。
すごいなフルハウスキス。
いや、すごいのは櫻井さんか。

祥慶フェスティバル2007
1月1日に発表される面子によっては
えらいことになりそうですね。
行きたい気持ちはあるけれど信じられないお値段だし
チケット取れる気がしない・・・。

吐息の罠

櫻井ヴォイスを求めて辿り着いた“ラ・プリンス”
何だかいろいろあったらしいフルハウスキスです。
絵があまり好みじゃないのでスルーしてましたが
師走の慌しさも手伝って判断力低下。
フルキスのシングルコレクション5枚も買ってしまった。
で、とりあえず聞いたのが

薔薇PILGRIM/ラ・プリンス(荻原秀樹・佐々木望・櫻井孝宏・成瀬誠)

な、なんなんですか、これ!? 
と、吐息が、吐息が襲ってきます。
ヘッドホンで聞くと右から左から吐息が追いかけてくるっ。
何かもうね、息が止まりそうですよ。クラクラします。
ものすごい中毒性のあるキャラソン。
4人で歌うラ・プリンスVer.と各ソロVer.の5曲+Instが収録されてます。
同じ歌なのに声はもちろん、歌い方や雰囲気が微妙に違う。
吐息に至ってはもう職人芸。4人とも違うんだよ。スゴイよ。

特に櫻井さんと成瀬さんをヘビロテ中。
吐息にエコーかかってるし
もうなんつーか耳から侵食されます。
聞きようによっては笑っちゃうんだけどやめられない。
クセになります。

歌詞がアダルトで背徳的。アップテンポで耳に残るメロディです。
ああどうしよう。こんなモン聞いちゃったら他の曲聞けなくなりそう。

絵がどうのこうの言ってる場合じゃないな。ゲームも買うべきだろう。
これは罠だ、きっと罠だ・・・。
ゲームやってる時間なんてないのに・・・。
フルキス2には鈴も出てることだし、まあ良しとしよう。
こうやって積みゲーが増えてゆく。

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第11話 ナリタ攻防戦

えっらい盛りだくさんな内容で緊張感漲る30分。
いや~情報量多すぎて整理できないっす。

「オメデトウ~出番あるかもよ。」ってロイドさん。
あいかわらずだこの人。
「その矛盾がさ、いつかキミを殺すよ。」
セシルさんに殴られたのか青アザできてます。
反論しないってことは矛盾を自覚してるのかスザク。
軍に居るのは死に場所を探してるからなのか?
「ランスロット発進します。」の声が儚すぎて泣きそうだよ。

孤立したコーネリアを追うゼロ。
黒の騎士団の面々も頑張ってはいるが
ちょっと紅蓮弐式に頼りすぎかな。

無頼改@藤堂参戦。
色がモノトーンのせいかシックで固いイメージ。
古き良き時代の武士っぽいね。
藤堂ってギルフォードも知ってるくらいの大物らしい。
「こっちの狙いを読んだヤツがいるか、優秀だな。」
おお、ルルの評価も高いぞ。
7年前に何があったんでしょうか。

ユフィとの対話ではスザクも落しどころを心得てるな。
そういうの苦手そうなのに。
ロイドさんなんてすっかり道化だよ。

コーネリア危機一髪でランスロット登場。
やっぱり正義の味方はランスロットでしょうって登場シーン。
発進シーンも音楽も特別なんだよね。
ま、体制側についてるんだからある意味正義の味方か。
紅蓮弐式と戦っててもスザクが負ける気しないし。

そんなこんなでスザクったらゼロを追い詰めちゃったよ。
ああヤバイヤバイ。
ゼロの危機にはC.C.ですね。
ランスロットを介してスザクにギアスを使った模様。
ショックイメージを見せるとか。
いったいスザクは何をしたんだ?
真っ白そうに見えるけど白いのは何かを隠すための仮面か?
そしてC.C.。何やら枢木神社なんていう鳥居が見えたぞ。
もしかして枢木の関係者なのか?
気になる・・・気になるじゃないか。

ショックのあまり錯乱するスザク。
ランスロット暴走。
なーんかヤバそうだよスザク。
精神破綻するほどの何かを抱えてるとしたら・・・。
明るい未来は待ってないね。
初期イメージの儚さが現実になっちゃったら悲しい。

C.C.は死なないらしいし、名前も判明したらしい。
音声消されてるからわからないけど
名前には重要な意味があるのかも。

コーネリアさん、負けを認めました。意外。
ギルフォードとコーネリアのやりとりがいいね。
コーネリアの親衛隊はよくできてると思う。
ひとえにコーネリアの人柄なんだろうけど
信頼関係ができている人たちは見てて安心する。
黒の騎士団にもぜひ見習ったいただきたいところ。

このところブリタニアのほうが好感度高いよ。
キャラクター設定がしっかりしてる。
黒の騎士団と比べたらどうしたってブリタニアに目がいく。
もしかしてこれも製作者の狙いか?

忘れちゃいけないオレンジくん。生きてたよ。
やっぱりキミはそうでなくちゃ。
ふふ。さらに壊れてるけどそのまま突っ走ってくれ。

超人タイツ

今日更新されてしまうので急いで感想を。
ウェブコンテンツ増えたのは嬉しいけど追いつかない・・・。

今回も港区芝公園からお届けです。
キレイな所なのに何故か側溝に入ってる鈴。
よりによってそんなところでしゃべらなくても・・・。

前回に引き続きキカイダー01のお話。
サクサクストーリーを説明します。
が、どの回も結末は覚えてないらしい。
特撮に限らず結末を覚えてないことって結構ある。
ミステリなんかは特に事件が起きるところまでは覚えてても
誰が犯人だっけ?みたいな。結末が印象に残らない。
再放送の多い金田一シリーズなどはいつもそうです。
結末って実はあんまり重要じゃないのかも。

脱線しちゃった。
キカイダーの話でした。
シャドウがみかんを買い占める話は
鈴のジェスチャーも加わってめっさ楽しい。
日本中のみかんを買い占め、みかんを求める人々が争いだす。
想像するとむしろ癒される気が・・・。
で、その買い占めたみかんはどうなったんですか。
そんな大量の生もの、処分に困るよね。(余計なお世話ですね)

最後に紹介されたメールでジュウレンジャーが出てきたんですが
ジュウレンジャーって10人じゃないの?
初め5人で途中から6人になったとか。
えっ、時間だから終わりって。
待って!何でジュウレンジャーなのか説明して~。
・・・終わってしまいました。次回へ続く・・・のか?

おTOKKOのRADIO

おTOKKOのラジオ、今日更新されてしまった。
見極めバトル後編の第6回。
鈴が挑戦する高木渉の後輩探し。
4人の男性の中から本物を見つけます。

見極めチャンスその1、その2と同様に進み
まさか高木渉の男への囁きタイムがあるのか?と青ざめつつ
その3はハリセンになってました。良かったよ~。
今回もかなり笑いました。
興味のある方はぜひ聞いてみて下さい。

そして・・・第6回をもって配信終了。
そろそろお終いだとは思ってましたよ。
ピノグでそれらしきこと書いてたし。
でもねぇ昨日の今日で何かな~さみしいっす。

アニメにまったく絡まない企画が素晴らしい。
やる気があるのか無いのかわからないマイペースさ加減がいい。
どこまでもパーソナリティのお二人を掘り下げる番組でした。
第4回なんて高木さんが“仕事で”お休みしたんですよ。
これは仕事じゃないんかい!!って鈴も言ってました。

本当の“規格外ラジオ”でした。
視聴者の応援次第では再開もあるかもとのこと。
インターネットラジオ音泉のHPから投稿できます。

見極めバトル

鈴村健一と高木渉のおTOKKOのラジオ 第5回

構成が変わってていつも企画が面白いおTOKKOのラジオですが
今回はおTOKKOの見極めバトル。

ひゃ~笑わせていただきました。めっさ面白かった。
本物の鈴村健一ファンは誰?に高木渉が挑戦。
スタジオには鈴の大ファンが4人。
その中から本物を一人見つけます。
つまり3人は仕込み。偽者です。
鈴のテンション高い高い。

まず4人が自己紹介。皆さまファン暦1年とのこと。
鈴:面と向かって“鈴”とか言われるとものっそい照れるわ
  あかんわ俺、何か違うお店にきたみたい

選択のチャンスは3回。
見極めチャンスその1、質疑応答チャンス。
高木渉が4人にそれぞれ質問。
鈴が櫻井くんとやってるラジオは?
な質問に“チェリーパイ”てオカシすぎます。
偽者と思われる人を一人選んで残り3人。

見極めチャンスその2、カンヴァセーションチャンス。
鈴村健一の魅力についてのトークをしてもらい反応を見ます。
3人とも同じぐらいのテンションで大盛り上がり。
さらに一人減って残り2人。

見極めチャンスその3、囁きチャンス。
残った2人に対して鈴が手を握りながら耳元で囁きます。
囁く言葉は高木渉が決めた“なめこの入ったシコシコ麺”
あま~い声(違うだろ)で鈴が囁きます。
鈴村:ちゃんと反応見ましたか?囁くのにいっぱいいっぱいで・・・
高木:何か僕満足しちゃいました
鈴村:終わるな~!ここで終わるな!

ラスト一人となったわけですが高木渉大ハズレ。
偽者3人様は業界関連の方でした。

ファンに直面した鈴の生っぽい反応が初々しい。
珍妙な台詞だけど、鈴が手を握って囁いてくれるなんて夢のよう。
鈴ファンの方はぜひネットラジオを聞いてみてくださいませ。

季節外れの夏祭

やっと、やっと、やっっっと見ました。

BLEACH SOUL SONIC 2006 夏祭

全章出演者が少しずつ違うけど、どの章も面白かった。
一番のヒットは4章のオリジナルアフレコドラマ。
“暴れん坊BLEACH黄門”
悪徳高利貸市丸屋ってハマりすぎだから。
しかも遊佐さんノリノリ。パワー全開ですわ。
花ちゃんの小僧もめっさ可愛らしい。
風車(大八車)の修平ってのも絶妙。
悪徳代官(阿散井改め)老いぼれ恋次もぴったり。
ネーミングがバツグンでした。
アドリブも満載で何より出演者が楽しそう。
その場に居なくてもDVDならいつでも何回でも楽しめると思ってたけど
ライブの楽しさは別のところにあると痛感。

修平の斬魄刀の話題も大笑い。
にっこり弥七ってナニ?そんなのヤダ。

来年はチケ取りチャレンジしてみようかな。
夜中に大笑いできる楽しいイベントでした。

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第10話 紅蓮舞う

え?え?カレンさんってもしかしてヒロインなの?
そうか~だから出番が多いのね。
知らなかったよ。だって女の子いっぱいいるし。
キャラ的にあんまりヒロインっぽくないような・・・。

黒の騎士団、軍隊らしくなってきましたよ。
人も兵器も集まってきてます。
入団希望者にディートハルトさんが。
うーん、この人の真意は読めん。

紅蓮弐式はカレンが乗るらしい。
スタイルは好みだしカッコイイけど
なーんか色が正義の味方っぽくない。
正義の味方と言ったらランスロットみたいなイメージじゃない?
まあ黒の騎士団自体が正義の味方らしくないからいいか。

ニーナはどうにもユフィが気になる様子。
会いたいとか言っちゃってるし。

コーネリアが日本解放戦線に仕掛けます。
(ユフィの声がどうしてもコタロウに聞こえる・・・)
コードRの実験データって何だろう。

日本解放戦線あわやのところで黒の騎士団参戦。
紅蓮弐式大活躍です。輻射波動砲ってスゴイな~。
でもカレンが乗ってるのがちょっと微妙。
台詞とか言い回しとかが小物っぽいんだよね。
黒の騎士団ってゼロを除いて印象が薄いような・・・。
あんまりメンバーに感情移入できない。

ゼロを見つけて歓喜のあまりオレンジくん暴走。
その短絡的なとこが魅力だけど、もう少し頭使わないとケガするよ。
って言ってるそばから退場ですか?脱出したよね?
憎めないお人なのでぜひ生きてていただきたい。

次回は異常を察知した藤堂も参戦か。
かなりロボットアニメっぽくなってきましたよ。
ランスロットの活躍も期待したいところ。

京葉線に乗って

ジャンフェス初参加。
寒さが苦手で冬場はどうにも引きこもり度アップなわけですが
気合入れて行って参りましたです。

前夜から並ばないとブースイベントは見られないだろうからと
言い訳しつつ昼から参加。(これが限界)
いやね、あんなに人がいるんですね。(びっくり)
キャラホビとコミックシティは行ったことありますが
人出が一番多い気がした。

声優さん関連は朴さん三昧でした。
スタイルもいいし美人さんだね。しかもオトコマエ。
テニスのポスターお渡しの置鮎さんをチラ見。
ソニーブースでラジ花スィートを観覧。
パーソナリティが宮田さん。安元さんも少し。
銀魂の特別上映を観覧。(バンプレストの宣伝メイン)

ソニーブースでヒートザソウルを試遊すると
浦原商店の福引ができるとのことでPSP初体験。(福引は末等)
ゲームは苦手なんだけど勢いで勝てた。
あの手のゲームって素人では難しいのかと思ってたけど
もしかしてかなりぬるいのか?(やってみるモンですね)
不思議なものでサクサク進むなら買ってもいいと思えてくる。
時間とお金と相談しようそうしよう。

約4時間の滞在でしたが人ごみが途切れないのがスゴイ。
来年も行けるとは限らないので良い記念になると思います。
参加された皆さまお疲れ様でした。

孫ラジ

孫ラジ 彼方に放つ声をきけ 第36回

前回に引き続き彰がゲスト。

麦人さんのお芝居を見に行って彰を見つけた甲斐田さん。
反射的に声掛けて、次の言葉が続かずお見合い状態だったとか。
小西:その後どうしたの?一緒にゴハン食べに行けば良かったのに
甲斐田:誘って良かったの?
小西:いいよいいよ(そんな勝手に)
彰:行くとこあるんでと断ってた可能性高し
小西:行くとこあるんでは自宅だから石田さんの場合
質問に対し間髪入れずに小西さんが反応してます。
小西:なんで俺が答えてるんだろ(まったくもってそのとおり)
彰:小西くんは僕の官房長官ですから(意味わかりません)
小西:そうそう、全部通してもらわないと
なんか小西くん彰のこと良く知ってるね。仲良しなのかな。

コーナーや式文などそれなりに仕事してるけど二人とも気もそぞろ~。
そんなに彰が気になりますか。

彰:脱いだらけっこう中年のお腹
甲斐田:ちょっと見してよ
(二人で彰のお腹を見てる模様)
小西:全然普通だった
甲斐田:ラジオの前の皆さんごめんなさい
小西:石田さんの生のお腹をみちゃいました
彰は水泳部だったらしい。
今度一緒にプール行こうとかジムに行こうとか。
彰:すっごい体鍛えてる人いるじゃない
小西:ああそうそう、鈴村健一とかね
彰:鈴村くんね、良くできるよね
おお、こんなところで鈴の名前が。

番組からの告知はそれぞれモノマネで。
シャロンストーン、森本レオ、ボディビルダー&Aボーイ。
とっても笑えますが似てるかどうかは微妙。

甲斐田さんも小西くんもずーっと石田さん石田さん言うてて
ほんわかイイ雰囲気でした。
何回呼んだかカウントしてみると面白いかも。
名残惜しさいっぱいのエンディングでした。
彰、またゲストで来てね。

唯我独尊な男

唯我独尊な男/リーフ(原作:あすか)

<キャスト>
幾浦恭夜:鈴村健一 ジャック・ライアン:三木眞一郎 隠岐利一:平川大輔 
ニール・ライアン:岸尾大輔 他


三木さんに苦手意識があってスルーしていた作品。
話としては重いんだけどテンポが良くて暗くない。
火曜サスペンス劇場みたいなノリで面白かったです。

科警研の研究員@鈴と凄腕のネゴシエイター(交渉人)@三木さんのお話。
根底に愛があるので重い部分を強調しすぎないんだと思う。
始めはジャックのアプローチが強引すぎてストーカーみたいだった。
ちょっと変態チックでまさに唯我独尊男。
でもそれだけじゃなかった。
恭夜にはとても重い過去があってそれ故の現在。
そこら辺が明らかになると俄然お話が面白くなります。
少々難ありなジャックの日本語に一々つっこむ恭夜が楽しい。

二人とも大人な声です。三木さんは低く抑えた声で比較的聞きやすかった。
裏がありそうにも聞こえる三木さんお得意の調子です。
鈴はしっかり成年男子の声。モノローグがかなりいい。
イタい話だけど展開がドラマチックなのでいろんな表情を見せます。
声だけなのにちゃんと表情がイメージできるから声優さんってスゴイと思う。
恭夜が度々「ジャック」って囁くんだけどこの吐息の色っぽいこと。
中途半端なからみが気にならないくらいツボでした。

続編のExtraはどんな感じなんだろ。
もう少しラブラブしてるなら聞いてみたいかも。

私的おススメ度は◎。

反逆の山々(追記あり)

本日より配信開始の
コードギアス 反逆の山々

字間が少ないというか思考の余地がないトークは
聞いてて疲れるような気がする。
じゅんじゅんのテンションが異様に高い。
たぶん4分の3はじゅんじゅんがしゃべってると思う。
文字数がものすごく多い気がするので
じゅんじゅんファンの方は楽しめるのではないかと。

もう少し杉山くんのトークが聞けるといいんだけどな。

あまりコードギアスな感は無く自分的にはいまひとつでした。
あ、音楽は良かったかな。アニメっぽかったです。
ちょっとサントラに興味沸いた。

     *******************

アニメのラジオ番組では
豊口さんがパーソナリティをしてたラジ種がダントツでお気に入り。
キャストも好みだったし構成が良かったと思う。
ラジ種バージョンのキャラモノローグや
ニュース風の予告が面白かった。
ラジオCD出したら絶対売れると思うのに
どうして商品化されないのか不思議。
素人にはわからない事情ってのがあるんでしょうか。
関東方面は野球で中止になってしまった回も多いので
いまだに心残りです。

豪華客船で恋は始まる2

豪華客船で恋は始まる2/ビブロス(原作:水上ルイ)

<キャスト> 倉原 湊:櫻井孝宏 エンツォ:子安武人 ヘルシング:千葉進歩 他

思い起こせば〇年前、初めて聞いたドラマCDが豪華客船で恋は始まるでした。
こんな物を普通に売ってていいのかと驚いたものです。
速攻でヘッドフォンを買いに走りました。

続編があることは知ってたけど、キャストも設定も同じだし
1だけで充分かな~なんて思ってたんですが・・・。
すみません、間違ってました。
何がスゴイって櫻井孝宏ですよ。
激マブです。(よそ様の表現をまねしてみました)
櫻井さんは攻めのほうがいいと思ってたけど
レパートリーとしては受けのほうが広いのかもしれない。
からみシーンのエロ可愛さといったらもう。
そりゃエンツォも手放せないよね。
1よりもボリュームアップしたラブラブさ加減が堪能できます。
子安さんの正統派二枚目声もあいかわらず素敵。
フリートークで必ず「イイ声は疲れる」とコメントするところもラブリー。

シージャックに巻き込まれるお話でエンツォが船を守るために活躍します。
ストーリー的に足りないところもありますが細部にこだわらなければ問題なし。
ドラマチックな作りで楽しめました。

櫻井さんの出演作は減りつつあるので貴重なシリーズ。
マンネリでもかまわないので続いて欲しいです。

私的おススメ度は◎。

超人タイツ

超人タイツ

芝公園からのお届け。
鈴は芝公園という名前を知らない様子。
港区役所前の林とか言ってます。
芝公園は馴染み深い場所。
静かでなかなか良い所です。

お話のメインはキカイダー01でした。
パソコンで調べろと鈴が言うのでいろいろ見てみた。
アニメ化もされてるのね。

キカイダーはリアルタイムで見てたんだけど
何しろ幼少のみぎり、ちっとも覚えてない。
半分水色半分スケルトンだと思ってたら半分水色半分赤なのね。
ギター持ってたこととサイドカーがカッコよかったのは覚えてる。
ビジンダーっていうキャラがいたことは覚えてても
ビジュアルはまったく覚えてない。
良心回路に至ってはカケラも記憶に無い。
記憶ってそんなもんなんだろう、きっと。

機会があれば見直してみたい・・・気もする。

今回鈴が着てた服、かわいいね。
ジャージっぽいのにファーの襟付いてた。
どんな素材でどんな作りなんだろう。
ファッションには疎いので人様の服装を見て
いいなと思っても探し出せません。

ものすごい勢いで息もつかずにしゃべり倒す鈴が
子供みたいで楽しいです。
ただただしゃべってるだけの映像なのに
見てて飽きない人っていいね。

週一回の癒しの時間。

ラヂオ 花宵ロマネスク

ラヂオ 花宵ロマネスク 第27回 ゲスト:緑川 光

今回の配信は先日行われた公開録音。
それほどはじけた感もなくいつもの雰囲気。
鈴も緑川さんも終始楽しそうでした。

オープニングではゲームの紹介映像らしきものが流れたとか。
鈴曰く公開録音のためだけに作られたとのことだけど
そんなケチなこと言わずぜひぜひコンシュマー化して下さい。

ロゴスのコーナーではプライバシー保護のため
スーパーアイテム花宵すりガラスと花宵すりマイクが登場。
すりガラスはあんまり必要なかったんじゃ。
だってせっかくなんだから鈴の顔良く見たいよね。
すりマイクは麗しい女教師さんたちの声が変態オヤジみたいになってるし。
何とも微妙なアイテムでした。

言の葉あわせは珍しくまともだった。
なでしこ先生に名前を呼ばれてドキドキしている二人が微笑ましい。

聞いててしみじみ思ったこと。
鈴の笑い声いいなぁ。
高音で少しかすれた感じの心底楽しそうな笑い声。
あぁ鈴、本当に楽しいんだなと思うと幸せな気分になる。
鈴の笑い声を聞いてるだけで安心する。
天性の癒しヴォイスだね。

次回はエロマネスク。遊佐さんの登場です。


【情報募集】
“若社長の優雅な休日”以来、鈴攻めに激しくトキメキ中。
鈴が主人公に声をあてている美少女ゲー(ギャルゲー)を探しております。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご一報いただけると喜びます。
よろしければコメント下さいませ。

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第9話 リフレイン

オープニングの絵変わりましたね。
何だかロボットアニメっぽさを強調してますよ。
ってことはこれからそんな展開が待ってる?
やっぱりランスロットカッコイイなあ。
ブリタニアとルル、二分されてた勢力図にゼロの勢力が加わりました。
日本解放戦線の藤堂やテレビ局のディートハルトもゼロにつくのか。

カレンさんのサービスシーンから始まり。
今回はカレンさんのお話らしい。

コーネリアさんお出かけの模様。
留守中のユフィを心配してます。
ゼロと対面したのを思い出して複雑そうなユフィ。
ゼロについてどう思うかスザクに聞きたいらしい。
このエリアはキレイにしてからユフィに渡すとコーネリア。
ということはエリア11の統治はユフィが行うことになるのかな。

学校では生徒会の面々がコスプレ中。
スザクはいいヤツだね。着ぐるみもかわいい。
でもミレイさんの言うように少しは空気読もうよ。
そしてルルのコスプレは見せてもらえないのね・・・くっすん。

黒の騎士団について討論中のルルとスザク。
スザクの言い分はまあ正論だよね。
正論すぎるところはスザクらしいということで。
確かに正義の味方なんだろうけど必殺仕事人みたいになってるよ。
黒の騎士団ってそういうことするための組織ですか?
世間の評判を得たって賛同してくれるのはイレブンだけなわけだし
プラスの影響があるとは思えないんだけどな。
うーん、ちょっと微妙だ。

シャーリーの登場でスザクが気を利かせます。
軍に戻る時間だからと生徒会室を退場。
いよいよ告白かと思ったら・・・。
「アイツ、軍に戻らなくちゃって言った。そこがお前の居場所ってことか。」
シャーリーよりもスザクの居場所が自分じゃないことが気になるらしい。
スザクに関してはまだまだルルの片思いのようです。

おや、また意外なところでギアスを使いましたよ。
つくづく便利な力だ。武器としても相当優秀だね。

イレブンをターゲットにしたドラッグ「リフレイン」。
ブリタニアに征服される前の幸せな時間に戻れる。
過去に不安は存在しない。不安は常に未来にある。
不安のない過去は絶好の逃げ場ではあるけれど・・・。
シュタットフェルト卿の妾であるカレンの母親も常用してました。
リフレインの流出を阻止しようと黒の騎士団が動きます。
戦いの現場でトリップ中の母親に遭遇するカレン。

カレンが戦う理由を丁寧に描いた今回。
お話としては相変わらず良く出来てると思います。
が、ちょっと重いかな。家族の話は苦手です。
貴重な1話を使って1人の背景を描く余裕あるんでしょうか。
他に知りたいこといっぱいあるのにな~。

細かい伏線いっぱい張ってますね。
前回から今回ちょっと減速ぎみな気はしますが
作品としてのクオリティには文句なし。
来週も楽しみです。

孫ラジ

孫ラジ 彼方に放つ声をきけ 第35回

もうすっごい面白かった~。大笑い。
甲斐田さんがバースデーとのことで贈り物が・・・。

彰:待たせたね、ゆき(注:めっさイイ声)

なんと、ゲストに石田彰がやってきました。
プレゼントが彰!甲斐田さん素で照れてます。
いいないいな。そんな誕生日プレゼント欲しいよ。
その際はぜひ鈴でお願いしたい。(無理です)
ひどいこと言われても何されても石田彰ならいいと言い切る甲斐田さん。
甲斐田さんも小西さんもテンション高っ!!
少年陰陽師そっちのけで彰を掘り下げます。

甲斐田:石田くんにろうそくを立てて吹き消せばいいんだねっ
小西:いやいやケーキじゃないから
彰:はい?
甲斐田:石田くんにろうそく立てようよ
小西:ろうそくは立てないけどリボンは結ぶかもしれない
彰:そんなM的な要素はないですから僕は

リボンをかけた彰・・・見たい・・・。

バースデーの夜の収録は避けたいとNGを出した甲斐田さん。
甲斐田:石田くんでも来るならともかく・・・。
と言ってみたらホントに来たらしい。

彰、ヘロQの舞台を見に行ったらしいです。
それも当日券の列に普通に並んだんだって。
スタッフが気づいて度肝を抜かれたらしい。
その列に並んでた方たちの反応がめっさ気になる。

甲斐田:私たちすっごく幸せだよね、石田彰が吐いた息を吸ってるんだよ

何だか発言が危なくなってきました・・・。
彰が、どんなマニアだ!ド変態だ!言ってます。

式文(メール)も読まずに彰とのトークに夢中なお二人。
とりあえず一番短い式文読んどこうって。
彰のために尺を使いたいから番組からのお知らせも超早口で読み飛ばします。

小西:何でも許しますよ、石田さんなら

声優界における彰のポジションみたいなものがうかがえます。
石田彰って特別な存在なんだね~。
少年陰陽師な感はまったくないけど彰の話題満載。
彰のファンなら絶対楽しめると思います。

来週のゲストも彰~。楽しみ~。

不夜城のダンディズム

不夜城のダンディズム/フロンティアワークス(原作:ふゆの仁子)

<キャスト> 奥山瑞樹:鳥海浩輔 佐加井崇宏:小西克幸 佐加井俊宏:平川大輔 他

歌舞伎町のナンバーワンホスト佐加井崇宏に
ホストとしての教育を受けることになった奥山瑞樹。
瑞樹は佐加井にあこがれ追いつこうと努力するが…。

ダリアカフェで試聴したら小西さんの声が意外と自然だったので
購入してみたのですが・・・。
自然すぎた・・・。中身がないよ。

原作がそうなのか序章を端折ってるのかわからないけど
メインの二人は始めから同居してます。
瑞樹はやっかみから同僚に嫌がらせされたり
佐加井の家は良家らしく水商売をしていることを兄から非難されたり
と良くあるお話ですね。特徴がなさすぎて印象が薄い。
瑞樹は佐加井に好意があるみたいだけど佐加井の心情が読めない。
説明も言葉も足りない。
唐突に始まっていつの間にかラブで、すれ違って仲直りです。

小西さんは流暢な抑えた丁寧語。
ホストなのに丁寧語ってところは意外性があります。
でも感情を伴わない丁寧語なのでのっぺらぼうな感じ。
声は流暢なのに文語と口語が入り混じったような
不自然な言い回しが多くて耳に障りました。
トリさんは若くてちょっと乱暴な口調。
それなりに色っぽいけど普通です。
悪くないんだけど他にもっといい作品があるからな~。

あまりにもテンションの低い感想になってしまったので
聞き直してみたんだけど・・・、つまらなさが増しただけでした。

私的おススメ度は△。

ゲーム機よりも

鈴ファンのみなさん、ピノグご覧になりまして?
Wiiを買いに出かけたらしいですよ。
業界人だから入手しやすいのかと思ってた。
夜から並ぶとか抽選販売でハズレたとか言ってます。
そんな普通っぽいところがまたいい。
誘ってくれれば一緒に並んだのに~。(無理です)
ゲットへの道は次回へ続くようです。

そういえばPS3もフツーに買ってたね。
今度ゲーム売り場に行ったら周囲を気にしてみよう。
鈴のゲーム好きは有名だしもしかしたら会えるかも。(無理です)

願い叶えたまえ?

願い叶えたまえ?/サイバーフェイズ(原作:西田 東)

<キャスト> 絹川祐介:鈴村健一 深見 光:吉野裕行 工藤:三宅健太 有島:花田 光

イラストからして異色なので心して取り掛かりました。
続きがとても気になるくらい面白かった。

二流のピアニスト祐介はいつも深見の視線を感じていた。
祐介のピアノを気に入り、深見の自宅でピアノを教えることになる。
祐介は深見に惹かれ傍にいたいと思うようになるが
否応なしに極道のトラブルに巻き込まれるようになって・・・。

祐介は始めから深見の視線を気にしてます。
深見は経験があるゆえに男同士の関係を忌避しているように見えます。
まったく違う世界に生きている二人が
少しずつ近づいていく過程がゆっくりと描かれてます。

よっちんの低音は思ったより違和感ないです。
無愛想で目つきが悪くて寡黙な男にちゃんと聞こえる。
祐介のためにとる行動がときどき愛嬌があってかわいい。
声が可愛いわけじゃないのに無性に可愛く感じるところがありました。
鈴はごくごくフツーな男の子をナチュラルに演じてます。
モノローグが可愛かったり切なかったりやっぱり鈴の声好きだ。
深見の言動に一喜一憂する様が手に取るようにわかる。
二人とも中身がなんか可愛いよ。
極道世界の描写はリアルでかなりハード。
それでも全体を通して静かな空気感があります。
上手とは言い難い祐介のピアノもいい。

ヤクザな世界の男女のからみや○Pはあるけど
メインカップルのからみは無いです。キスが2回だけ。
それでも、あれだけ同性愛を嫌悪していた深見が自分からキスする場面はグッときます。
どうやったらラブになるのか今のところ想像もつかないけど
お互いを大切に思う様子がほのぼのと暖かい。
体温が伝わってくるような気がする。
幸せになって欲しいな~。

今月発売の?を早く聞きたいです。

私的おススメ度は〇。

鍵のかたち

鍵のかたち/サイバーフェイズ(原作:きたざわ尋子)

<キャスト> 有賀雅人:小西克幸 北 実浩:鈴村健一 竹中一博:堀内賢雄 他

有名建築家の有賀は電車で見かける綺麗な高校生が気になっている。
女性だと思っていた高校生は男で、建築を志し有賀にあこがれていた。
男とわかっても惹かれる気持ちは止められず関係を親に知られてしまい・・・。

シリアスです。静かな印象の作品なのに皮膚がヒリヒリするようなイタさのあるお話。
とにかく二人とも絶対的に言葉が足りないと思う。
始めから気持ちを伝える努力を放棄してる。
BLにはよくあるお話で男同士であることを親に反対され引き裂かれるパターン。
実浩は有賀の父から別れてくれと手切れ金を渡されます。
このときの対応が有賀も実浩も非常にネガティブ。
心の葛藤はあるものの逃げ出す格好で別れてしまいます。
それなのに4年が経過してもお互いへの執着は消えないまま・・・。

お声は、小西さんは抑えた繊細な印象の声。
優しくて静かで良識ある大人という感じです。
小西さんの繊細な声って珍しい。
実浩は高校2年から21歳までを鈴がかわいらしく演じてます。
こちらも傷つきやすそうな繊細な声。
二人とも線の細さがジャケ絵そのままの印象でした。

カラミはたくさんあって切ないというよりもイタい感じ。
愛はあるけどお互いがそれを認識してないから無いのと一緒。
幸せほのぼのとは程遠い感じで。執着だけは感じられるから尚更イタい。
最後には愛あるHとなるんだけど余韻に浸る間もなく終わってしまうので
やっぱり暖かさは感じられませんでした。

BGMも含めてとても雰囲気のある作品に仕上がってます。
イメージとしてはガラスの箱。
好みではありませんが作品としての出来は良いと思います。

私的おススメ度は〇。

若社長の優雅な休日

完全なキャスト買い。鈴攻めですよ~。
鈴の攻めは初めて聞きます。ドキドキ。(期待と不安)

若社長の優雅な休日/Three Fat Samurai(原作:森本あき)

<キャスト> 野矢慎二郎:鈴村健一 天野 心:宮田幸季 角田隆太:寺島拓篤

セレブが宿泊する超高級ホテルに休暇でやってきた野矢慎二郎。
新人の心を気に入り専属の部屋係に指名。
貸切の別館で1ヶ月を過ごすことになり・・・。

お話としてはBLドリームなのかな。
地位も名誉もお金も容姿も申し分ない御曹司と一介の部屋係が恋に堕ちる。
相手に不自由しない慎二郎に遊ばれてると思い込んでる心。
本気でアプローチしても信じてもらえない慎二郎。
スレ違いながら関係は続いて心は追い詰められていきます。
1ヶ月が過ぎてあっさり去っていく慎二郎の真意がわからなくて切ない。
気持ちを伝え合うところは切なさの中にも暖かさがあってとても良かった。
お話がくどすぎないのも自分的には◎でした。

さてお声ですが、鈴はやんちゃでワガママな御曹司で、若くて軽めの声。
声としてはカワイイんだけどかなり意地悪で言葉攻めもあったり。
まさか鈴の言葉攻めを聞ける日がこようとは・・・。しかも年下攻めだよ。
自称Sってホントかもと思わせられます。意外だった・・・。
好き好きってたくさん言ってくれます。

宮田さんはいつものトーンだけど若干年上らしさを出してます。
部屋係のときは丁寧語だけど慎二郎の希望で普通に話すときはやや乱暴。
切ないモノローグがとてもいい。声に幅があってちょっとバイオリンっぽいなと思った。
宮田さんのお芝居でBLにありがちなお話がぐんと深みを増してると思います。
二人とも高音だけど声のバランスもいいです。

カラミは3回ぐらい。結構長いんじゃないかと思います。
慎二郎は最初から堕とすつもりでアプローチしてるから強引です。
宮田さんはかなり色っぽくそして切ない・・・。
鈴はえろい言葉をたくさん言わされてますよ。何しろ言葉攻めだから。
具体的に受けくんの状態を語るわけです。
鈴の口からあーんな言葉やこーんな言葉が出てくる・・・。あ、なんか眩暈が・・・。

キャスティングが珍しいせいかちょっと変わった雰囲気の作品。
BLドリーム炸裂な中身のないお話かと(失礼)思ってたので意外でした。
ほとんど主役二人でしゃべってるのでファンにはお得です。

トークは上記3人で。作品についてはほとんど触れられていません。
皆さんあまり気乗りしないお仕事だったんでしょうかね。
自分的には結構気に入ったんですが・・・。

余談ですがこのCD、本編が1トラック(約70分)です。
トークが1トラックの計2トラック。
通して聞く分には何も問題ないんですけど、リピートはしにくいですよね・・・。
こういうの初めてだったんでちょっとびっくりしました。

私的おススメ度は◎。

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第8.5話 仮面の軌跡

てっきり外伝(番外編)だと思ってたけど総集編だったのね・・・。
総集編ってどうしても必要なものなんでしょうか。
録画してDVDも予約してる身にはあんまり嬉しくない。

とはいってもわかりやすくまとまってたので◎。
セルDVDには収録されないようなのである意味貴重かも。
本編は様々な視点の話をうまくまとめてるけど
今回はルルーシュ一人の視点で描かれていて本筋の流れが把握しやすい。
まさに総集編って作りでした。
おかげで流してた単語や伏線らしきものも拾い出せた。

祖国ブリタニアから捨てられ人質として送られた日本で
ようやく得た友達(スザク)と小さな安定した世界。
それさえも突然の戦線布告により奪ったブリタニア。

「ブリタニアをぶっ壊す」

それはルルーシュが生きるための理由。

終わりたくないのだなお前は
お前には生きるための理由があるらしい
力があれば生きられるか

これは契約
力をあげる代わりに私の願いを一つだけかなえてもらう

王の力はお前を孤独にする

ラグナレクを接続
神話の再びの始まりか

王の力、ギアス。
いかなる相手にも一度だけ命令を下せる絶対遵守の力。
心を蹂躙しブリタニアを崩壊させる力。

C.C.の願いって何だろう。どこかに出てきたっけ?
最初から見返して気づいたけど
一番最初の場面はC.C.の視線で始まるのね。
浴衣姿のC.C.が目を開いて幼少時代のルルとスザクを見てる。
C.C.は年をとってない。ラグナレクにも関係あるみたいだし。
魔女ってどういう意味だろう。
ラグナレクは北欧神話における世界の終末の日、神々の黄昏。
神話の要素が入ってくるともっと面白くなりそう。

ランスロットに乗ってるのがスザクだってことルルは知らないんだよね。
ゼロがルルだってことスザクは知らないし。
敵対してしまっていることに二人が気づいたときにどうなるのか。
バッチリおさらいもできたことだし次回を楽しみに待ちたいと思います。

学園アリス

学園アリス 迷路で勝負☆魔法のランプ

棗に萌えた!!

学園祭(アリス祭)が始まりました~。
蜜柑のちょっぴりセクシーなアラビア風へそ出し衣装に
うさ耳のルカぴょんはコメントできないくらいドキドキ。
真っ赤になってるけど、ルカぴょんだって充分可愛いよ。

蜜柑たちが主催するRPGコーナーに棗たちがやってきます。
翼先輩に甘える蜜柑を見て棗がメラメラとジェラシー。
それに気づいた翼先輩がまた上手に煽るのよ~。

「何だ、コイツ?」とガン飛ばしたり
「ベタベタしてんじゃねーぞコラッ」と脅したり
「コイツ絶対奴隷にしてやる・・・」と凄んだり。(注:一応小学生です)
      ↑これが一番好き
あぁ、もうサイコーだ。朴さんカッコよすぎ。
低く抑えた地を這うような声に悶絶。(注:しつこいようですが小学生です)
棗がこんなに動いてしゃべってるのは初めてだよ。
好き好きって派手なパフォーマンスするよりも
静かーに嫉妬の炎を燃やすほうが萌え度高いと思う。

ああもう棗は蜜柑に惚れちゃったわけね。ルカぴょんもそうなのね。
ライバルに釘を刺せるぐらいマジなのね。
蜜柑はぜんぜん気づいてないけどね・・・。
一匹オオカミでアウトローでちょっとワルで
女なんかキョーミねぇよみたいな男の子が嫉妬メラメラ・・・。
こういう設定大好きだー。

棗は寡黙なキャラなので台詞自体が少ないんだけど
目いっぱい腹いっぱい萌えさせてもらいました~。はぁ~満足。
ギャグテイストもあり永久保存版にしたいくらい楽しかったので
このお話だけでもDVD購入を検討しようと思います。

玲生@鈴にはあんまり萌えられなかたけど見てて良かった。
この先もう少しだけラブ度が上がってくれるといいな~。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。