風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・ 第4話

地球へ・・・ 第4話 宙からの帰還

いや~もうスゴイよ見せ方が。
シアターで映画1本見た気分でした。

暴走するジョミーの元へソルジャーが向かう。
注意を引くためにミュウの母船シャングリラは
ステルスを解除して浮上を決意。
船の上に立ち雲から浮上するソルジャーの姿が
神々しいまでに美しい。
BGMも相まって胸に迫るものがありました。

不慣れな戦闘でシャングリラは苦戦を強いられ
キャプテンに対して次々不満の声が。
ソルジャーへの信頼のみで戦い続けるミュウたち。

私たちは粗暴な人間とは違う

暴走し続けるジョミーに追いついたソルジャーは
自分の記憶を見せミュウがどんな扱いを受けたか示す。
成人検査によってサイオンが覚醒したソルジャー・ブルー。
検査そのものが間違いってことじゃない?
ミュウの殲滅はグランドマザーからの絶対命令。
科学で解明できていない超能力を持つ人間を
科学の力でコントロールしようとする。
自分と異なる者を排除しようとする。
どこまでも人は愚かだ。

負荷がかかり過ぎて気を失うソルジャー。
ジョミーすまない君を選んで・・・心からすまなく・・・思っている・・・。
ソルジャーを抱えて帰還するジョミー。
ここの演出も素晴らしかった。

これからはジョミー・マーキス・シン 彼に私の心を託す
ジョミー君ならできる


ソルジャー・ブルー 今はあなたを信じます
これ以上僕のような子供を出さないために
僕はミュウとして生きよう


現実を知りジョミーは決断しました。
ミュウとして生きるのはかなり厳しい選択だろうな。
受け入れてくれない仲間。人間との戦い。
これからは更に過酷な状況が続く。
それでもソルジャーを信じて・・・。ひとまず今は

おかえり、ジョミー。
スポンサーサイト

タイミング

確実に入手したいなと思ったら予約するわけですが
この予約ってけっこう曲者。
欲しいと思った時のテンションが持続してないことがある。
ずーっと楽しみに過ごせるものももちろんあります。
でもたまーに、こんなん買ってたっけ?みたいなことも。
物が豊富な時代ゆえ新しい萌えは日々生産されていて
後でとか様子見とか言ってるとどんどん忘れ去られてしまう。
移り変わりが激しい分、固執することが少なくなりました。
楽しみが豊富なのは嬉しいけど何だか寂しい気もします。

************************

コードギアス反逆の山々DX 聞いた。
番組の性格によるのか櫻井さんやや固め。
ここでも小池撤平言ってるよ。
みなさんジェレミア「おはようございました」にヤラれた模様。
ああ、確かにあの一言は最強(最凶?)でしたね。
今回初ゲストということでじゅんじゅんのトークがやや希釈されてます。
自分的にはこのぐらいがちょうどいい。
じゅんじゅんが加瀬さんをゲストに呼びたいって。
ぜひ来て欲しいものです。
あ、そういえば明日の花宵ラヂオ、加瀬さんですね。
たのしみ~。

サクサク

ちょっ
コードギアス反逆の山々DX
ゲストが櫻井さんですってさ。
これは聞いとかないと。
櫻井さんがどんなスザクトークをかましてくれるのか
楽しみでもあり不安でもあり・・・フクザツです。

****************************

王の男
発売日に届いたのにまだ見てない~。
もちろん限定版ですよ。
特典から見たいのは山々だけど
キャストコメントをより楽しむために
本編ちゃんと見てからにしようかなーと。

怪~Ayakashi~化猫
これもつい買っちゃった。(てへっ)
昨夏の話題だった櫻井さんの薬売り。
今年の夏も放送されるらしくて
どぉぉぉしても見たくなっちゃった。
収録時間は3話で60分程度だから見ればすぐなんだろうけど
準備万端整えて正座するぐらいの気持ちで見たいのさ。
んなこと言ってるからいつになっても見られないわけです。

積みゲーとか積みゲーとか積みゲーとか(どんだけあんの)
積みCDとか積みDVDとかとか。
いつかいつかと思ってると一生消化できないかも・・・。

そろそろ

継続視聴するものを絞らねば。

鋼鉄三国志
キャラデザイマイチだし話はよくわからんし
どうすっかなぁと思ってたらキタよ彰。ヘタレ~。
そして遊佐さん。うわっSっぽ。
孔明@子安の兄だったんだ。いろんな意味でスゴイ兄弟。
んでトドメがオッキー。
この先べさまも出てくるし製作側も考えていらっしゃる。
この辺で脱落しそうな視聴者をガッツリ掴みますな。
さすがでございます。もうしばらく見ましょう。

DARKER THAN BLACK
うーん。
黒はああやっていい人仮面で近づいては
裏切ることを繰り返すんでしょうかね。
李さんのときがいい人すぎるんで
黒がどういう思考で動いてるのかわからなくて悶々。
いい人も本当、契約者も本当なら
どこかに苦悩する描写がないと視点が定まらない。
完全に別人格ならしょうがないけどさ。
キャラが把握できないと見てて楽しくないよ。
もう少し説明してくれ。

ヒロイック・エイジ
オリンシスよりはだいぶマシなんだけども。
英雄の種族て言ったり黄金の種族て言ったり
これも状況把握がしにくいなぁ。

なんだかね、どれもこれも世界観に入り込めない。
処理能力の落ちた頭ではキャラの把握も大変。
見続ければなんとかなるんだろうか・・・。
もう少しお手軽に楽しめるものが欲しいです。

キタキタキタ

リュウタロス初登場オメデトウ。
つっても自分的には微妙なんですが・・・。
あのステップとか、服装とか、紫のエクステンションとか・・・。
ガンフォームのデザインもなぁ、装飾過多ぎみだよ。
フィギュアで見るともちっとかっこ良いのだが。
ステップ踏みながら銃撃つってどうよ?
イイのかイケてないのか判断に迷うところだけど
もしかして今はアレがカッコイイのか?
もしかして自分が年寄りなだけか?

キャラはインチキくさいウラちゃん系ですな。
声は小悪魔系でかっこ可愛い。
台詞とか言い方とか好みではあります。

キャラやビジュアルでマイベストなイマジンは
やっぱりモモタロスだな~。モモ大好き!

とは言いながらも鈴だから全部オッケーなわけですよ。
ええ、ファンなんてそんなもんです。

そういえばオウルイマジン(今日の敵)は黒田崇矢さんでした。
好みじゃないけどイイ声だよね。この辺でも声ヲタ狙われてます。
気をつけよう暗い夜道とイイ声。

地球へ・・・ 第3話

地球へ・・・ 第3話 アラタクシア

アタラクシアに戻るためにリオに送ってもらうジョミー。
不安そうにしているジョミーをただ静かに見守るリオ。
自らの命を縮めても意識を追いかけるというソルジャー。
自分の意思を託したい本当に最後の希望なんだろうな。

アタラクシアに帰れば元に戻れると思ってたジョミー。
でもそんなに簡単な変化じゃなかった。
現実を突きつけられてミュウに責任転嫁。
理不尽な扱いをされてもジョミーを誠実にサポートするリオが切ない。

あなたはあのとき記憶を手放すことを拒否した
それはすごいことなんですよ


家族の暖かい記憶を持った特別なミュウ。

執拗な追っ手に逃げ切れず捕まるジョミーたち。
危険を察知して救助隊を出そうとするソルジャー。

ミュウについての情報を引き出すため
母親の姿を使って誘導尋問ですか・・・。
ママの顔がナンバーズになってく辺りはコワイ。

目を覚ませ!ジョミー!

リオが心理検査にかけられていることも察知し
強い拒否感からジョミーがミュウとして覚醒
ミュウの船にまで影響するほどの強い思念。
暴走するジョミーの元へソルジャーが救出に向かう。

今回もソルジャーは素敵でした。アップのカットもたくさんあった。
詰め込みすぎないシナリオは考える余地があっていい。
でも家に戻ったときのジョミーの心理描写が足りないような。
もういない家族、もうない場所。自分の原点。
衝撃はもっと大きかったはず。
それとも無意識に気付いていたのか。
現実を受け入れるためには事実の積み重ねが必要。
それが思い描くものと違ったら逃げてもいい、でも・・・

君はどんな未来を選ぶ?

あんたが一番

このところご贔屓のモモタロス@電王
あのキュートさは何だろう。
日参してるサイト様でもかなり評判がいい。
そして予告にリュウタロス登場。
かなり萌え~な台詞を吐いてくれそうな気配。
モモ+鈴・・・もうたまらん。
はやく来い日曜日。

ウェブラジオ 工口×工口(注:エロエロではありません。漢字です。)
強烈な下ネタ炸裂がいっそ清清しいほど。
大人の時間とか言ってるけど青少年向けかと。
悩める性少年の修学旅行会話みたいな。ものっそ笑えます。
石川英郎さんてあそこまでオープンな人なのね。
諏訪部さんも素に近いのか結構負けてない。
公共の電波に乗せていいのか余計な心配しちゃうけど
他人様の事情が聞けるのが興味深いです。

こばとマジック

期間限定で配信されたナデプロスペシャルウェブラジオ
咲坂こばとのこばとマジック

ドラマCDのナデプロは聞いたことないです。
まあ櫻井さんがゲストてとこだけが目的なんですけどね。
第一声を聞くなり、なんじゃこのテンション高い女は!
と思ったら後に甲斐田さんと判明して仰天。
いやぁ声優さんてホントに偉大だわ。これが少年陰陽師とはね。
甲裴田さんてバリバリ女性声もやるのね。知らんかった。
輪をかけるように櫻井さんもテンション高いナルシーなキャラ。
完全に我が道を行く二人に置いてきぼりな泰くん。
各自が勝手なことしてるのを外から見てる(聞いてる)のは楽しい。
後半は素のトークでキャラとのギャップがまた楽しい。

番外編のドラマCDが発売予定で新キャラいっしーに彰。
これまた濃ゆそうなキャラです。
キャラには声優名が一字ずつ使われてるのも面白い。
コメディものは笑いのツボが合うかどうかだけど
ちょっと興味沸いた。

DARKER THAN BLACK

DARKER THAN BLACK 黒の契約者

初回を録画しそこなってテンション下がってたけど
無料配信で見たら意外と面白かった。
世界観やキャラ設定がまだよくわからんけど好みの雰囲気。
二面性というか影があるキャラには惹かれる。
どうしてそうなってるのか知りたくなるよねぇ。
朴訥だったり無口だったりいい人だったり悪かったり。
全体的におとなしめな音楽もいいしシナリオも○。
わからないなりにも続きが気になりました。

最近はいいよね。見損なっても配信してくれるもんね。
さてがんばって録画するべ。

地球へ・・・ 第2話

今期のアニメではやっぱり地球へ・・・が一番おもしろい。
ということで感想いってみよう。

地球へ・・・ 第2話 ミュウの船

UVERWorldのオープニングいいねぇ。
アニメーションとの相性もバッチリだし
世界観にとてもあってると思う。

ああもうソルジャー・ブルーがかっこよすぎ。
色素の抜けた髪に赤い目だけでも充分美しいけど
何というかこう見た目だけじゃなくて
魂に訴えかけるかっこよさ。(どんなだ?)
表現力が足りなくてゴメンナサイ。
ソルジャーてこんなにかっこ良かっただろうか。
儚げなのに強い意志が感じられる杉田の演技も〇。

ジョミーはリオの助けを得て成人検査から脱出。
逃げる追うの空中戦は迫力あったな~。
スピード感もハンパじゃなくてドキドキした。

ミュウは人間の突然変異的種族で
テレパシーを持つ代りにハンデを負っている。
あれ?逆か。ハンデがあるから感能力が優れているのかも。

ジョミーの反応はある意味当然。
ミュウの存在も知らないまま船に連れてこられ
おまえはミュウだと言われる。
これまでの価値観と異なるものをすぐに受け入れるのは無理。
しかも人間には有り得ない力を持った人々。
船に導いたソルジャーからは何の説明もなく
不安と疑心だけが大きくなるのはしかたない。

ジョミーは自分の意思でソルジャーの心を読み初対面。
アタラクシアへ帰りたいという希望をソルジャーは承諾する。
このとき一切の言い訳や説明をしないソルジャーがいいのよね。
ジョミーは頭の良い子だし何が正しいのか悩み迷っている。
ミュウを否定しながらも真実を知りたいと思ってる。
アタラクシアへ戻るのはその一歩。

さあ、自分の目で確かめておいで。

初登場

本日更新のラヂオ花宵ロマネスク
まだ聞いてないんだけど次回のゲストが加瀬康之となっ。
こ、これはもしやコードギアスのキューエル卿でわ。
ゲストで来るってことはきっと
ドラマCD第4弾「罪の果実と僕と羽」にご出演なのね。
って、買ってはあるもののこれもまだ聞いてない・・・。
キューエル卿の固ーいキャラが好みだったんで
どんなお話をされる方なのかトークがとても楽しみでございます。
花宵はずっと同じメンツだしね、新しい風も吹いたほうが良い良い。

夢のよう

封殺鬼シリーズの新刊が出ます。
ものっそうれしいぞ。
もうこのシリーズは読めないと思ってたから本当に嬉しい。
著者のHPによれば次回作の締め切りも決まってるとか。
長く続いてくれるといいなぁ。

封殺鬼は登場人物が魅力的。
千年もの長い時間を生きている二人の鬼は
周りの人間が老いて死んでしまう中で
自分たちだけが歳をとらない。
遺され続けるというのは想像を絶する恐怖なんじゃないかと思う。
これ一人だったらたまらないよね。
二人だから生きていられる。お互いが全て。
でもそれはいつか失うかもしれない恐怖と背中合わせ。

そんな彼らを取り巻く人々もまた
愛すべき彼らを遺して先立つ悲しみがあり・・・。
人の絆をとても大切に描いているお話だと思います。

シリーズの中で特に好きなのは
「花闇を抱きしもの」「マヨイガ」
一押しキャラは御影三吾。
いっつも貧乏くじを引かされる苦労人。

表現が難しすぎず文章も読みやすい。
陰陽道についての描写も丁寧です。
坂東真砂子や小野不由美と並んでお気に入りの作家さんです。
ドラマCDが発売されてますので声から入った方にも
ぜひおススメしたい本です。

今通勤中に愛読しているのは森博嗣
S&Mシリーズからずっと読んでます。
独特な理系の思考や表現がクセになる。
Vシリーズまで読んでその後はしばらく放置状態だったんだけど
Gシリーズも半ばまで進んだのでまた読み始めました。
タイトルにギリシャ文字を使ってるのが珍しくて好き。
評判はいまひとつらしいけど
この作家さんのお話はシリーズの枠を越えてリンクしているので
通して読んでる人には楽しめると思う。
スターシステム?みたいな感じです。
世界観にどっぷり浸って読むのがおススメ。
これを読んでると大学院生にとっても憧れます。(今さらですが)

他にもまだまだ好き作家さんはたくさんいるので
また追々紹介できればと思います。

Coming Home To Terra

ただひとつの 夢のために
ただ一度の 生命賭けた
それは 果てしない 憧れ
輝け みどりの故郷 ・・・

土曜からずっと劇場版「地球へ・・・」の主題歌が
頭の中でノンストップで回ってます。
気になってしょうがないので
セルビデオをひっぱり出して見てみた。
アニメーションは拙いけれど(30年近く前だもの)
キャラデザは今より先進的なんじゃ。
竹宮さんの絵とまではいかないけど目に特徴があって
当時としてはかなり斬新だったんじゃないかな~。
ジャケ絵のジョミーがプリントされたペンケースを
愛用していた記憶があります。

ジョミーは始め嫌なヤツで主人公としては珍しいタイプ。
でもソルジャーの意思を継いでからの成長は著しく
エンディングまでには受け入れられるようになります。

TV版は尺もあるしオリジナルのエピソードも増えるみたい。
ソルジャーも少しだけ長生きしてくれそうなので楽しみです。

鈴とタイツとライダー

今回のタイツもオープニングから電王で飛ばす飛ばす。
遊佐さんのウラタロスが詐欺師にしか聞こえないって。
その通りなんだけど。もうホント嘘くさくて最高。
「僕に釣られてみる?」だもん。
で、放送の終わりに
「4人目はオレだから」て言った!
本人から聞くと嬉しさもひとしお。
ああ~楽しみだー。早く出てこいリュウタロス。

嬉しい反面4人もいると一人一人の出番は減るわけで。
モモの出番が明らかに減ってるのが難点。
今朝の放送でも
「出番が少なくてオレのイライラはクライマックスだぜっ!」とか
「やっぱ戦ってるときがサイコーだぜっ!」とか
「ああー、その言葉はダメーっ!!」とか
台詞もアクションもいちいち可愛くて楽しい。
ソードフォームはフィギュアに手を出しそうなくらいスタイルが好み。
まだ出てきてないけど、鈴が演じる予定のガンフォームもかなりイイ。
お、落ち着け自分。それ買っても置くとこ無いよ。
少し頭を冷やしてきます、ハイ。

**************************

新アニメの感想などをちょこっと。

ヒロイック・エイジ
絵的にはファフナーとオリンシスの間ぐらい。
シナリオ的にはもう少し見てもいいかも。
お話はちょっぴり「地球へ」に近いような気が。

セイント・ビースト
作画が美しいです。いやホントに。
キャストの豪華さは言うに及ばず。
お話はどうなんでしょうね。
ま、お話なんてどうでもいいぐらい絵が美しいので無問題。

鋼鉄三国志
ひー、オープニングカットからしてBLチックなんですが・・・。
い、いいんですか。小心者なんで心臓に悪い。
まあ三国志だし男所帯だからね~。
中国史に玉璽というアイテム的要素を加えることで
ファンタジックになってます。今後に期待。

シャイニング・ティアーズ
蒼真@保志くん、カッコいいっすね。ちょっと乱暴な感じが新鮮。
彰にオッキーに何気にキャストが豪華。
あっちの世界に行ったきりになるとどうかなとは思うけど
もう少し見てみよう。

Darker than BLACK
えー、初っ端から録画失敗しました。先が思いやられる。
ということでネット配信を待ちます。

地球へ・・・ 
掴みはOK。作画もキャストもいい。
ストーリーにも引き込まれました。
ソルジャー・ブルー@杉田、がんばってたね~。
ヒシヒシと伝わってきたよ。
ちょっと無理があるような気がしないでもないが、ガンバレ・・・。

今期のアニメは派手さは少ないものの手堅くまとまってるような気がしました。
質の良い作品が増えてくれるのは嬉しい限り。
初回のクオリティが維持されることを祈ります。

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話 せめて哀しみとともに

ネット配信でようやく見ることができました。

期待してたわけじゃないんだけど
進んでもいなければオチてもいない。
こんなところで終わりとはさすがサンライズ。
いや、むしろ始まりか。
チビッコな登場人物増えたねぇ~。
神楽耶にV.V.どちらもあまり食指が動かん。

いまだ虐殺モードのユフィ。
突っ走るユフィに比べ後手後手のブリタニア軍。
スザクに至っては理性のカケラも無い。
で、ユフィはあっさりとゼロに撃たれる。
ギアスのせいとは言え、やってしまったことを考えれば
ユフィには他の選択肢は無かったと思う。
きっと生きてるほうが辛いよ。
「たぶん、初恋だった・・・。」
ああでも、撃ったルルーシュのほうがもっとツライか。

それを見て逆上するスザク。
なんか、スザクも堕ちたな~。
もともと理性的な人間じゃなかったのかも。
V.V.に何を吹き込まれたんでしょう。

ユフィの死に茫然自失のコーネリア。
こんなんで復活できるのかと思ったけど
終盤にはすっかり元通り(のフリ?)でした。

ニーナの逆上した顔がこの世のものとは思えないほど怖い。
これから何をしでかしてくれちゃうんでしょうね・・・さらにコワイ。

復活のオレンジくん、作画に気合入りまくり。やたら美しかった。
ヴィレッタさん、いつから千草に・・・。
シャーリーにはあいかわらず危険信号点滅中。
C.C.の電波会話。相手はマリアンヌだった模様。
ダールトン生きてたね。自分的に今回一番のポイント。
コーネリアの元へ戻ろうとする姿にかなりグッときた。

ユフィの言動は正直少々ウザかったし
黒の騎士団への支持を取り戻すには妥当な展開だとは思うものの
この終わり方ってどうなの。
ここまで全てが中途半端だとどうでもよくなってくる。
夏に放送予定の24・25話。
そしてたぶん、さらに続編へと続くわけですが
そこまで吸引力のある最終回とは思えない。

いやいや、そんなことは言わずに楽しみにしますよ。
ええ、たぶん、きっと・・・。

第4のイマジン

日曜早朝の楽しみ仮面ライダー電王
赤いモモタロス
青いウラタロス
黄色いキンタロスときて

紫はリュウタロスで鈴が声をあてるらしい!
どうしちゃったの東映。
完全に声優ファンをターゲットにしてますがな。
いやぁ、でもすっげ楽しみ。
今のところ関さんのモモタロスが一押しなんだけど
鈴がどんな演技をするのかワクワク。
特撮好きだからねぇ。
はしゃぎっぷりが目に浮かぶ。

リュウタロスて元ネタなんだろう・・・。

***********************

4月からの新アニメ(もう今日から4月ですが・・・)
とりあえず初回は見てみようは以下の通り。

ヒロイック・エイジ *キャラデザ平井さんだし
セイント・ビースト *声フェチ的にはハズせない
鋼鉄三国志 *中国史好き
シャイニング・ティアーズ *保志くん好き
彩雲国物語 *原作スキー
Derker than Black *原画がなんとなく好みかな?
ロミオ×ジュリエット *上に同じ
地球へ・・・ *今期一押しでゴザイマス

時間がカブるものもあるので2話以降は減ると思うけど
DグレやBLEACHなど視聴中も加えると結構な数だ。
コードギアスが終了してしまったので
新作のうちどれか一つは感想を書きたいと思ってます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。