風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCG 8弾

絵柄に惹かれなくてさんざん迷ったけど
憂さ晴らしに1箱買ってみた。

URはツナ。
フォンが欲しかったけど大人リボーンじゃなかっただけマシか・・・。

SRは骸と天空嵐ライガー。
骸はいらないから暴雨鮫が良かった・・・。
ザンザスの天空嵐ライガーはどうしても欲しかったから
さほど悪い引きとも思えないけど微妙・・・。

Rは欲しいカードが5枚ぐらいなのに
17枚中で2枚も出ないというオチ。
あ~、やっぱ、全体的に微妙な結果だ。
ま、1箱程度で揃うとは思ってないけど
確率的にはもっといい引きもあるんじゃないかと。

うーん。
テンション下がっちゃったので購買意欲も低下。
3ヶ月サイクルで発売してくれなくてもいいから
どれを引いてもいいと思えるくらい
絵柄に力を入れて欲しいなぁ。

11月にはブロマイド5。
1月にはハーフデッキ4種と発売ラッシュ。
それはそれで嬉しいけど
やっつけな気もしてしまう今日この頃です。

そういえばイラストブックみたいなのも発売されるらしい。
これは欲しいけどジャンプコミックと同サイズってのが・・・。
あのコンパクトさで絵を楽しめるのか心配。
スポンサーサイト

今週のリボーン

標的157:並盛の休日

今回のリボーンは地味だけどじんわりと良かった。
いきなり10年後に来て良くわからないまま戦って
また並盛に戻ってまた未来へ帰ってきて。

自分たちにとっての「戦う理由」
10年前の並盛に帰ること。
学校のシーンは特に印象的で
あの場所へ帰るって伝わってきた。
みんないい顔してる。

ノーテンキな女子ズの言動にはちょっとイラッ。
まあ知らないんだからしょうがないけど。
了平の写真と極限に燃えるシーンは笑い。

10年なんて本当はあっという間で大した変化もないのに。
ツナたちの若さだととっても長いんだろうなぁ。

10年後の素敵ディーノも登場。
雲雀の戦闘マニアっぷりも健在。

戦う理由がしっかり確認できたんだから
しっかり気合い入れてチョイスに備えるべし。

戦い前の小休止としてはとてもよくまとまってた。
絵もグッド。
台詞やエピソードも増えててわかりやすい。
原作に追いついちゃいそうだけど
アニメならではの濃さを期待したいところ。

怪物づかいツナは今回で終了?
結局ヒバリン最強ってオチですか。
ツナ弱っ!

今週のリボーン

標的156:心強い仲間

あー、何度見てもOPがいいな~。
ツナかっこいい、ツナカッコイイ、ナッツ可愛ええ。
一応、人気投票はごっきゅんに入れたけど
一人を選ぶのって難しいくらいみんなカッコイイよ。

10年後のボンゴレ10代目が若きファミリーに託した匣。
同じデザインの色違い。お揃いっていいよね。
ツナが自分のために用意してくれたって
目がキランキランしてるごっきゅんがラブい。

ヴァリアーの会話は全部コントしか思えない。
スクアーロがちょっとうるさいけど・・・。

炎がたりなくて開けられない匣。
思ったよりも疲れてるらしいツナたちは
アジトに帰って休むことに。

雲雀・・・、マイペースすぎ。

ジャンニーニの喜び方が大げさで笑う。
ツナ愛されてるな~。

さて腹ごしらえ、の場面で響く警報。
リングの反応をキャッチしたって。
方々探し回って見つけたのはバジル。
助太刀の書を頼りにスペインから一人で来たってスゴイよ。
別ルートで未来へやってきた10年前のバジルが参戦。

若きボンゴレたちとともに百蘭を砕け

ごっきゅんや山本、了平もとてもリラックスした様子で見ててなごむ。
これからヘビーな戦いが待ってることだし
今だけでものんびり過ごしてほしいよ。

怪物づかいツナはやっぱ短すぎるよなぁ。
この時間じゃ、ストーリー性のあるものは難しいと思う。
キャラは可愛いんだけどね。

カワイイモノ

ジャンプフェス応募のためにWJを購入中。
めったに買わないから連載されてるマンガの内容はほとんどわからない。

で、読んでるのはリボーンだけ。
それもアニメに影響しない程度に極力ナナメ読み。

最近の原作絵はものすごーく気に入っている。
10月はXマンスリーで必ずカラーページがあるのが嬉しい。
クリアケースに入れて毎日穴があくほど見る。

で、とうとうコミックにも手を出してみた。
とりあえず新しいものからと思って26・25・24・20を購入。
カバー絵が気に入った巻のみの完全なジャケ買い。

アニメが再開されたばかりのチョイス編は
超ナナメ読みにしとこうと思ったけれど
ここにあるのにガマンするのって難しい。

ナッツがカワイイなぁ。目が離せないくらい。
名前も見た目も超可愛いよー!
ザンザスと同じ天空ライオンらしいけどベスターとはもう別物。
あれはあれでザンザスっぽいから比べてもしょうがないけど。
ナッツも「大空のライオンシリーズ」なのかな。
性格は「ツナ似」!ますます可愛い。
連れて歩きたい。飼いたい。(飼うっていうのか?)
早くアニメで動くところが見たい。
ちなみにベスターの性格は「凶暴」(笑)
スクアーロのサメ(名前はアーロ)も性格は「凶暴」。
ま、主人を見れば言わずもがな。

ナッツを見てると自然に顔がゆるむ。
山本の犬(次郎)や燕(小次郎)も人懐っこいし
全然懐かないもある意味可愛い。
ガルーのお腹で成長しても図体はでかいまま行動が瓜。
バリネズミは言うまでもなく
今のところ出番の少ないムクロウも可愛いし
ボンゴレの匣はどれも兵器というよりペットっぽい。
トレカやブロマイドにももっと匣兵器が出てくるといいな~。

アイツの大本命

アイツの大本命/リブレ出版(原作:田中鈴木)

<キャスト>
吉田:阪口大助 佐藤:中村悠一 山中:杉田智和 牧村:吉野裕行 秋本:保村 真 他


是のミニドラマを聞いて盛り上がってるときに
何故だか予約していたCD。

これが予想外におもしろくてびっくり。
BLとしてはあっさりライトなんだけど
かなーりSチックなゆうきゃんがいい。
ゆうきゃんてあんなにSっぽいのに
意外とSキャラを演じてないので
吉田を追い詰めてく佐藤の感じにドキドキ。
好きな子ほどイジメたいというヤツで
ずっとSなわけじゃなくしっかり甘くもあり。

イケイケな佐藤にアワアワな吉田もすごくおもしろい。
佐藤ファンの女子にフクロにされたり
その様子を佐藤に傍観されたり ← イジメられてる顔が好きだから
現実だったら相当ヤバげなのに
基本ギャグなので重たくない。

不細工トリオな脇がまた強烈で笑いが・・・。
よっちんとヤスくんがデフォメぎみに演じてます。
普通にカッコいい声のときもあってそのギャップも楽しい。
杉田のイケメンなのに変態役もハマってます。 ← オハコですから
佐藤と山中で吉田を取り合うあたりは
完全にアドリブですな。超ギャグテイスト。

とにかく面白かったので続きも聞きたい。
コミックスは2巻も出てるのでぜひお願いします。

絵はあまり好みじゃないけどコミックス買ってみようかなぁ。

私的おススメ度は◎。

小さな幸せ

今日のジャンプ(47号)のセンターカラー
珍しくごっきゅんがイケてます。
いつも原作では不貞腐れぎみでいまいちなのに
扱いも大きくてグッド。 ←順位を反映してるらしい

そしてそしてキャラクター人気投票でも
雲雀に次ぐ第3位!おめでとう!
ツナが1位ってのも嬉しい。
雲雀がぶっちぎりで1位なんてつまらないもん。
んで、4位が骸。

まあ、1~4位はホントに僅差なんだけどね。
ごっきゅんが健闘してくれたんで何かすごい嬉しいです。
うっふふふふ・・・。

さらに今月末発売のCCG8弾の絵柄が一部掲載。
期待してた雲雀のSKRが微妙で・・・。
単体では1弾以来ってことで楽しみだったんだけど。
キラキラしたらまた印象が変わるのかなぁ。
とりあえず箱買いの予定で。

やや期待ハズレ

10月始まりのアニメもようやく一巡。
期待してた怪談レストラン空中ブランコが不発。
怪談レストランは悪くないけどそれほど面白くもなく
空中ブランコはちょっと奇抜というか奇天烈すぎ。
声優さんを実写に近い映像で使うという面白い試みが
果たして吉と出るか凶と出るか。
FAIRY TAILは珍しいゴールデンタイムでの新作。
絵はワンピっぽいかなとか思ったけどテンポが良くて楽しい。
Darker Than Blackも意外と良くてびっくり
黒の契約者よりもテンポがいいし動きもある。
主題もわかりやすいような気がする。
君に届けは2話目も良かった~。
12月発売のDVDを予約したぐらい気に入った。

で、現時点での自分的評価は

○ FAIRY TAIL
○ 戦う司書
△ 怪談レストラン
◎ 君に届け
△ 聖剣の刀鍛冶
△ 空中ブランコ
○ 生徒会の一存
◎ Darker Than Black
△ テガミバチ
△ 犬夜叉
○ ミラクル☆トレイン

こんな感じ。
このうちどのくらい継続できるかは
ちゃんと録画できるかによるなぁ。
見られないと確実に意欲が下がるし。
君に届けマクロスFの再放送を楽しみに
日々をやり過ごそうと思います。

今週のリボーン

標的155:真6弔花

さあて、いよいよチョイス編の始まり。

いまだに事情を説明されてない京子ハルは不満ながらも
迎えに来たビアンキたちとボンゴレアジトへ帰る。
まあツナたちのキモチもわかるけどさ
何かあるのに知らせてもらえないってのもなぁ。
一緒に帰りたがるけどランボは一応守護者だからね。

後は百蘭を倒すだけだと思ってたのに
騙すつもりが騙されてた正ちゃん。
いきなり通信に割り込んできた百蘭に
真6弔花の存在を明らかにされる。
マグマのお風呂って・・・。
見せ物としてもヤリすぎな気が。

沢田綱吉率いるボンゴレファミリーと
百蘭のミルフィオーレファミリーとの正式な力比べ
チョイスを提案する百蘭。
細かいことは10日後に発表だって。

百蘭の能力でメローネ基地は強制的にテレポートさせられるが
入江の研究室だけは7つのボンゴレリングの結界で守られた。

真6弔花の驚異的な能力を見せられてツナは怯むけど
守護者たちはやる気まんまん。
なんつーか、このこたちは前向きっつか脳天気つか。
でもそれでツナが元気になればオッケー。

で、守護者にもそれぞれ10年後ツナからの匣が託される。
以前のツナのと同じデザインの色違い。
この匣からOPの匣兵器たちが出てくんのねぇ。
早くツナの匣兵器が見たいよー。何かカワイイもん。
瓜と一緒で成長過程っぽいし。

オマケの怪物づかいツナ
ここでもダメっぷりを発揮するツナ。
隣町を襲う吸血ヒバリンを退治できるのか?
吸血ヒバリンか。ネーミングがカワイイなぁ。

公式キャラソンSINGLE大全集Ⅱ
リボーンのキャラソンにはあんまり興味がないけど
これジャケ絵が猛烈カッコイイんですが!
ううう、絵だけでも買っとくべきか?

連休の最終日に

ジャンプスーパーアニメツアー2009
に行ってきました。

まあ、目当てはREBORN!なわけです。
ジャンプ掲載アニメ6本の上映なんで
1作品あたりの時間は20分程度かなと思ったけど
中には劇場版のCM程度のものもあり微妙。

まとまった時間があったのは
リボーンとトリコとナルトでした。

OPはテガミバチのミニコーナーみたいなもの。

で、最初がリボーン
ボンゴレ式修学旅行という
リボーンが言い出したわけのわからないイベントに
ファミリーみんなが(特にツナが)振り回されるというもの。
ほぼオールキャラ出演(ヴァリアーも黒曜も匣兵器も)のギャグ。
突っ込みどころ満載で会場が沸いた。
ものすごく笑えたけど、これ、テレビとかでは流せないんじゃ・・・。
ああ、だから特別編なのか。
温泉での入浴シーンは完全にサービスだな。

トリコは初見。まったく知らないマンガ。
トリコのボイスが近藤隆でEDも歌ってた。
これまた超強烈なキャラで
大爆笑を誘うEDがすごかった。
絵も歌い方も更に強烈だったよ。
別方向に人気が出るかもしれない。

ナルトはちゃんとしたストーリーだったけど
全編CGで動きが微妙すぎ。
ゲームのポリゴンみたいなの。
お話はサスケに接近する大蛇丸の話で
サスケがあっちに行っちゃう前のエピソードかな。
ナルトはあまり見ないのでよくわからんけど。
ゲストキャラみたいなのをコヤピが演じてました。

遊戯王ワンピースは劇場版のCMで
数分程度だったと思う。

ジャンプだし仕方ないとはいえ
山のような落ち着きないガキンチョに囲まれ
いい年した大人としては肩身が狭かったり憤慨したりと複雑でした。
とはいえ、たっくさん笑えたので楽しかったです。
いくつになっても好きなものは好き。
これからもめげずに挑戦するのだ!

感謝のキモチ

ほんとに、ほんとに、たまーにですが
拍手して下さる方がいて励みになります。

ありがとうございます。

これはもう多いとか少ないとかじゃなくて
拍手してくれるという行為自体がありがたいです。

ほんとに、ほんとに、ありがとうございます。

いつも、いつも、亀ですが
また来てやって下さい。

ボケボケ

深夜アニメの録り損ないの多さに
自分に嫌気がさす次第。
ほとんど録れてないのが情けない。
たぶん曜日とかチャンネルとかを間違えたんだと。
それでも以前ほど激しく落ち込まないのは
年の功といったところか。(期待してないともいう)

半分しか録れてなかったけど
意外に面白かったのが君に届け
めっさ暗くてクラスに馴染めない主人公なのに
モノローグのキレが良くさっぱりしてる。
途中でブチっと切れちゃったから
今後どうなるのかはまだ見当つかないけど
もし、ちゃんと録画できれば続きも見たい。

ミラクルトレインはイケメンだけど
キャラデザがちょっと微妙。
お話はまあまあ。
OPがいかにもキャラソンぽくていい。
悩み事はいっぱいあるので
ぜひ乗り方を教えてもらいたいもんです。

戦う司書は設定がいまひとつ解らん。
世の中を支配してるのは人なのか?本なのか?
館長代行の行動も怪しすぎる・・・。

聖剣の刀鍛冶はヒロインが好みじゃないなぁ。
鍛錬のシーンはすごく良かった。
お話がどう動くか様子見ってとこかな。

生徒会の一存はまあまあ面白い。
ハーレム作りに精を出す黒一点の話(あれ?ちがう?)
テンポがいいのでサクっと見られる。
男性向け萌え系アニメなんだろうけど
パロディも多いし配信してるので続けてみるかも。

Derker Than Blackは録り損ない。
配信もないので見られない。

今のところ初見でバッサリ的なものはナシ。
そのかわり「超面白い!」的なものもないけど。
もうちょっとがんばって見てみよう。

今週のリボーン

標的154: 次なる戦いへ

総集編なんで特に書くことはないけど・・・
OPEDが変わったー!!
同時期に変わるのって珍しい。
EDは現時点では特筆ナシ。

んで、OP

曲はちょっと変わったタイプ。
テンポが独特で合わせにくい感じ。
でも絵が超イイっす!
何ですかあのヘルメットみたいのかぶった
ちっさいライオンみたいなのはっ。
微妙にカワイイ・・・。
周囲から推測するにツナの匣兵器っぽい。
ウリは相変わらずラブリーで
あの犬は剣が刺さってるんですか?
バリネズミとムクロウは何だかゴツイけど
みんな目みたいな石?がついてる。

スーツのツナたちもステキ。
でも雲雀は学ラン・・・。
スーツも似合うのに~。
山本はなんで顔に包帯してるの?
あー、ディーノが大人だぁ。
制服っぽい入江とかスパナとか女子も
何か新鮮でテンション上がったー。

真・6弔花とやらも初見。

総集編でOP変えるって巧いかも。
だいたい退屈なもんだし新鮮味に欠けるし。
原作読んでないからかもだけど
見るもの全部目に新しくてワクワク。
先が楽しみっす~。

10月からの新作

相変わらず数が多いっすよね~。
といっても、「絶対見たい!」的なものはあまりなく・・・。

とりあえず、ピックアップしたものは下記の通り。

テガミバチ
犬夜叉 完結編
ミラクルトレイン
FAIRY TALE
怪談レストラン
君に届け
戦う司書
聖剣の刀鍛冶
空中ブランコ
生徒会の一存
Darker Than Black

このうち継続するのは、たぶん4本くらいの予想。
既に始まったテガミバチは、まだほんの導入で
何を伝えたいのかわからないけど絵は◎。

犬夜叉は、もう懐かしくてね・・・。
なんかみんな幼く見えたり
声も若いように感じるのは
自分が年をとったつーことですか?
完結編ということで、いきなり途中からの始まりなのが
ちょっと不親切かもしれない。

あとは怪談レストラン空中ブランコが楽しみです。

今週のリボーン

標的153: 最後の印

7つの印がそろった~。
いやぁ、良かった良かった。
ヴェルデがあっさり印をくれるとはね-。
まぁ、あの人、研究にしか興味なさそうだけどサ。

リボーンの試練は勝つことじゃなかったし
「ボス力」とやらをツナは充分発揮してたし
最終的には印がもらえると思ってたよ。
7つ揃ってキラキラする演出がキレイだ~。

ファミリーそれぞれの現在との別れがせつなかった・・・。
雲雀は相変わらず何考えてるかさっぱりわからんけど。

さてさて、戻ってきましたよ~、10年後。
これでアニメオリジナルから原作に合流したのかな?
アルコバレーノ編はちょっとばかし
「ゆる~い」雰囲気だったので
いつものリボーンのテンポに戻るのを期待。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。