風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球へ・・・ 第5話

地球へ・・・ 第5話 死の跳躍

お話としてはそんなに進んでないけど
とりあえずソルジャーが生きててよかった。

訓練中のジョミー。
まだまだ受け入れは良くないし
何かにつけソルジャーと比較される。
それでもソルジャーに近づこうと努力する姿が清清しい。

思念を飛ばしてアタラクシアを彷徨うジョミーは
ミュウの子供を見つけて接触を試みる。
その一方でミュウの母船を探知するシステムが設置される。
自分の子供がミュウであることを知らず
ミュウを攻撃するシステムを開発している父が哀れ。

サイオントレーサーにより攻撃を受けるシャングリラ。
思念の集中ができず防御もままならい。
ここで示されるジョミーの圧倒的なパワー。
それでもたった一人では防ぎきれず
シャングリラはワープして脱出する。
ワープシーンは音楽も映像も美しく迫力がありました。

とりあえず連中はこの惑星から出て行ったわけね
ヤレヤレだわ


同じ人間でありながらここまで隔たってしまった
管理社会が生み出した歪。

シロエに拘った理由は今後描かれるんでしょうか。
ミュウに対する暴言の数々は見ててやりきれない。
自分の子供がミュウだと知ったとき
父は自分の行動を振り返るだろうか。

戦うすべも無く追われながら 僕たちは旅立つ
地球への道は 遠い・・・


眠るソルジャーの側で膝を抱えるジョミーがなんだかカワイイ。
今のうちにたくさん甘えておくのがいいよ。

次回はキース、麗しの子安ヴォイスの登場です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cacao86.blog73.fc2.com/tb.php/234-985cffa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 地球へ・・・ 第5話 「死の跳躍」

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(5) 交響組曲 地球(テラ)へ・・・ソルジャーブルーの後継者として指名されたジョミー。しかし、強力な力を持つものの、他のミュー達の理解を得ることが出来ず苦しんでいた。そんな中、ジョミーは一人の少年と出会う・・・。

  • 2007/05/08(火) 00:57:50 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

おかあさん、おかあさん!魔王がぼくをつかまえる! 地球へ・・・5話

 先週の記事タイトルが若干どころかとても紛らわしくてご迷惑をおかけしました。記事タイトルにあった「君はどこに落ちたい?」は009の名台詞です。衛星軌道上でのジョミーとソルジャーブルーのシーンにぴったりかなぁ

  • 2007/05/10(木) 01:32:00 |
  • 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式

レビュー・評価:地球へ……/section05 : 死の跳躍

品質評価 15 / 萌え評価 31 / 燃え評価 24 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 24 / お色気評価 8 / 総合評価 18レビュー数 137 件 ミュウの母船の存在を知ったテラズナンバー5は、サイオン・トレーサーの開発を命じた。次々と惑星全域に投下されるサイオン・トレーサー。

  • 2007/08/25(土) 16:24:14 |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。