風のかたみ

好きなことについて好きなように語る私的萌え語り。アニメと声優さんについての話題が多めです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光あれ

発売日に遅れること9月3日に到着。

停電少女と羽蟲のオーケストラ最終楽章:光

泣いても笑っても最終巻ということでさっそく聞いた。
※ネタバレあり

ディスク1枚の60分強で6巻中で一番短いんじゃね?
ずっと2枚組が続いてたので妙にアッサリした感じがして。

中盤があんなに引っ張ってたのに
すっきりサッパリ終わりました。
とても分かりやすくて未来ある終わりで
自分的にはすごくスッキリなんだけどIMさんらしくないような気も。

手っ取り早く箇条書きでポイントを。

・お父様の「おかえり。柩」
 お、お父様が柩って呼んだよ!初めてだよ!(嬉泣)
 そんで、義手(義腕?)も作ってくれたらしい。
 お父様を再婚させようとガンバる柩。

・生まれ変わっても親子なネムと灰羽(親子逆転)

・梔がいきなりいい人(ちょっとシスコン)

・青明大人気(灰羽が息子ってマジか?)
 登場人物中で一番もててる気がする。
 
・ラストで下野くん登場(橘ではない)

・灰羽は目が見えるようになり柩は人間になる


とりあえずこんなとこかなぁ。
まだ1回しか聞いてないのでもう少し聞き込んで
気力があったら改めて感想書きたい方向。

通販特典はネムが魔法少女になるという設定。
まあ李朱のほうが当然魔法少女らしいわけですよ。
んで、あいかわらず、ウザイ。
が、李朱の妄想の中の柩はイケイケで
普段ならぜーったい言わない台詞を吐いちゃってくれるわけです。
この点だけは、李朱、グッジョブ!!

物語は終わったけど落ちモノゲーとかスピンオフとか
たぶんきっとワンコインも、まだまだいろいろ続いていく。
(必然的にIMさんとのお付き合いも続くわけだが・・・)
作品自体はとても好きなのでひっそりと応援を続けたい。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cacao86.blog73.fc2.com/tb.php/796-2fe659d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。